• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

次の目標は世界選手権か、12秒84突破か。ママアスリート・寺田明日香が日本選手権後に目指すもの[インタビュー] (2/2)

ライバルは過去の自分。地元・北海道での挑戦

 日本選手権から1週間後の7月7日、寺田選手は地元の北海道で行われた南部忠平記念陸上競技大会に出場。専門種目である100mHが今大会は開かれないなか、エントリーしたのは、100mでした。結果は3位。12年ぶりに自己記録を更新し、表彰台に上りました。

 今回南部記念を走った理由は、「北海道にいるみんなの前で走りたかったから」。ラグビーから陸上に転向し、半年経った今の状態で自分の100mのタイムがどれくらいなのかを知っておきたいと気持ちももちろんあったと言います。

「いつかは100mも走らないと、と考えていたので、それなら南部記念でやっちゃえ、と。100mのベストが高校3年生で止まってしまっていたので、ハードルで先へ行くためには100mで過去の自分を超えておかないと、と思っていました」

 寺田選手は、予選で11秒63をマーク。過去の自分を超えたいという意気込み通り、2007年のインターハイ(高校総体)決勝で記録した優勝タイムの11秒71を上回り自己記録を更新しました。走っていて手応えは感じたか、の問いには「いつも通りに走れた、という印象です。日本選手権も終わっていたので、気楽に走れました」と、にこやかに答えてくれました。

目指すはオリンピック。攻めて結果を出していきたい

 世界選手権(世界陸上)参加記録である12秒98を日本選手権で切ることができなかったため、現在、寺田選手は世界選手権への切符を手にできていません。9月6日までに記録を出すことができれば目指すことは可能ですが、「今の時点で目標を12.98にしてしまうのは違うかな」と寺田選手は語ります。

「私が目指しているのは2020年の東京オリンピック。オリンピックの参加費標準記録は12秒84で、12秒98よりも高いところです。もちろん世界選手権に出場できればランキング的には有利になりますが、世界選手権のために守りに入るより、攻めた結果、来年につながるようにコンディションを上げていきたいと思っています」

 強気なビジョンを明確に捉え、次のステップを目指す寺田選手の言葉には迷いがありませんでした。

「今回の負けをきちんとつなげていくことが大切だと思っています。来年の日本選手権はオリンピックもかかった戦いになるので、それまでに12秒84を出して、12秒台の選手というアドバンテージを持って挑みたいですね。そして来年こそ、娘の果緒に金メダルをプレゼントしたいです」

 完全復活を果たした寺田明日香選手。ママアスリートとしての戦いは始まったばかりです。

[プロフィール]
寺田明日香(てらだ・あすか)
1990年1月14日生まれ。北海道札幌市出身。血液型はO型。ディズニーとカリカリ梅が好き。小学校4年生から陸上競技を始め、小学校5・6年時ともに全国小学生陸上100mで2位。高校1年から本格的にハードルを始め、2005~2007年にはインターハイ女子100mハードルで史上初の3連覇。3年時には100m、4×100mリレーと合わせて同じく史上初となる3冠を達成。2008年、社会人1年目で初出場の日本選手権女子100mハードルで優勝。以降3連覇を果たす。2009年世界陸上ベルリン大会出場、アジア選手権では銀メダルを獲得。同年記録した13秒05は同年の世界ジュニアランク1位だった。2010年にはアジア大会で5位に入賞するが、相次ぐケガ・病気で2013年に現役を引退。翌年から早稲田大学人間科学部に入学。その後、結婚・出産を経て女性アスリートの先駆者となるべく、「ママアスリート」として、2016年夏に「7人制ラグビー」に競技転向する形で現役復帰した。同年12月の日本ラグビー協会によるトライアウトに合格。2017年1月からは日本代表練習生として活動した。2018年12月にラグビー選手としての引退と陸上競技への復帰を表明。再び陸上競技選手として、2020年東京オリンピックを目指す。

◎所属企業:株式会社パソナグループ
◎主な記録:100mハードルU20日本記録保持者(13秒05=2009年世界ジュニアランキング1位)/100mハードル日本高校歴代2位(13秒39)/100m:11秒63 ←NEW!

【今後のスケジュール】

・7月27日(土)オールスターナイト陸上@神奈川・Shonan BMW スタジアム平塚 ▶詳細はこちら
・7月28日(日)トワイライトゲームズ@神奈川・慶應義塾大学日吉陸上競技場 ▶詳細はこちら
・8月17日(土)Athlete Night Games in FUKUI@9.98スタジアム(福井県営陸上競技場) ▶詳細はこちら
※その他、9月上旬に甲信越で行われる予定の大会への参加を予定。詳細は未公開。

【関連URL】
◎公式サイト https://asuka-terada.jp/
◎公式Facebook https://www.facebook.com/Asuka.Terada.official/
◎Twitter https://twitter.com/terasu114
◎Instagram https://www.instagram.com/terada_asuka/

<Text & Edit:山下 茜(アート・サプライ)/Photo: MELOS編集部>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード