• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • おすすめ記事
  • 本家と比較!筋トレ民注目の新商品「カップヌードルPRO」を食べてみた┃編集部の食レポ

本家と比較!筋トレ民注目の新商品「カップヌードルPRO」を食べてみた┃編集部の食レポ

 日清食品から発売されている「カップヌードル」そして「カップヌードル シーフード」。もはや国民食といっても過言ではない人気食品に、高たんぱく&低糖質&低カロリーの「カップヌードルPRO」と「カップヌードルPRO シーフード」が登場しています。糖質が気になる方やダイエット中の方たちに活躍しそうな新商品です。

 はたしてお味は。本家(オリジナル版)と比較しながら、原材料や栄養成分、どこに売っているかまでまとめてお届けします。

「カップヌードルPRO/カップヌードルPRO シーフード」とは

 新発売「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」2品は、「カップヌードル」らしい味わいと食べ応えはそのままに、たんぱく質を15g配合し、糖質50%オフを実現したカップ麺です。

 商品名にある“PRO”の文字は、プロテインを表す“プロ”と上位モデルに冠される“Pro”という2つの意味があるそう。“謎肉”のたんぱく質を1.8倍に強化した“ハイプロテイン謎肉”が入り、通常の「カップヌードル」より肉肉しい味わいが楽しめる点も魅力です。

「カップヌードルPRO」と本家(オリジナル)の違いは?

 細かい違いはいくつかありますが、大きく打ち出しているのは「たんぱく質」と「糖質」、「熱量(カロリー)」の3点。オリジナルに比べて、PROの「たんぱく質」は4.7g増、「糖質」はオリジナルには表示がなくPROが糖質50%オフとうたっていることから15gほどカットされているのでしょう。「熱量(カロリー)」は77kcal減となっています。

 具材の量は、謎肉・エビ・スクランブルエッグを実際に取り出して並べてみたところ、PROの方が中身が少なく、これが味にどう影響を与えるのか。実際に食べてみたいと思います。

カップヌードル(オリジナル) → カップヌードルPRO

たんぱく質:10.5g → 15.2g
炭水化物:44.5g → 35.4g(糖質:15.3g、食物繊維:20.1g)
熱量:351kcal → 274kcal

カップヌードル(オリジナル)

カップヌードルPRO

▲具の量は、オリジナルと比べて少ない印象。

カップヌードル シーフード(オリジナル)

カップヌードルPRO シーフード

▲しょうゆ味と同様に、具の量は、オリジナルと比べて少ない印象。

「カップヌードルPRO/カップヌードルPRO シーフード」のお味は

 試食は、「カップヌードルPRO(しょうゆ味/シーフード味)」とオリジナルの「カップヌードル(しょうゆ味/シーフード味)」をそれぞれ比較。PROのパッケージには、"おいしさ そのまま"と記載しているので、いつもの変わらないおいしさを期待しつつ、いただきます。

しょうゆ味

 お湯を入れて3分。こうばしいしょうゆの香りが、いつも食べているカップヌードルを思わせます。スープのお味は、お肉の旨味とパンチの効いたペッパーがほどよいバランスで、あと引くクセになる味わい。オリジナルと変わらない食べ慣れた味に感じます。

 麺は、糖質50%オフとうたっているだけあって、大きく味わいに影響があるかと思いきや、オリジナルと食べ比べてみても違いがわかりません。食物繊維が20.1g入っているそうですが、食感や喉越しもオリジナルを踏襲しています。ハイプロテイン謎肉は、形がしっかりしていて肉肉しいジューシーな味わい。低カロリーに仕上げているとは思えないほど食べ応えがあります。

シーフード味

 お湯を入れて待っていると、いつも食べているシーフードの香りが食欲をそそります。スープを飲み比べてみると、しょうゆ味と同様に違いはほとんど感じられません。スープのカロリーに関しては、オリジナルは33kcalでPROは67kcal。PROの方が倍近く高いにも関わらず、全体のカロリーはPROの方が低く、麺やかやくなどでカロリーを抑えているようです。麺と具材をいただきます。

 麺を食べ比べてみると、違いはほとんど感じられません。お腹が空いている時では、なおさら気にならないレベルです。見た目がタコっぽい"いか"やキャベツ、かにかまなど具材に関しても、食感や味わいはオリジナルと違いが感じられません。

食べ比べて感じたポイント

・味や麺の食感、食べ応えなどが、オリジナルとほぼ変わらない
・PROのハイプロテイン謎肉が、オリジナルの謎肉より肉肉しくてジューシーな味わい
・カラダ作りをしている人には、高たんぱく&低糖質はありがたい

 食べ終わった後のスープの量を見てみると、どちらもオリジナルの方が少なく、麺がスープをより多く吸っているのではないかと推測できます。食べている時は違いがほとんど感じられなかったのですが、麺がスープを吸う量も、総カロリーの違いに影響がありそうです。

原材料・栄養成分

カップヌードルPRO

原材料:油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、植物性たん白、食塩、サイリウム種皮粉末、チキンエキス、しょうゆ、ポークエキス、香辛料、ポーク調味料、チキン調味料、たん白加水分解物、卵粉)、スープ(コラーゲンペプチド、豚脂、粉末しょうゆ、食塩、糖類、香辛料、たん白加水分解物、香味調味料、ポーク調味料、メンマパウダー)、かやく(味付豚ミンチ、味付卵、味付えび、ねぎ、味付豚肉)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、かんすい、炭酸Ca、カラメル色素、環状オリゴ糖、pH調整剤、乳化剤、焼成Ca、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、チャ抽出物、ビタミンB2、シリコーン、くん液、ビタミンB1、酸味料、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

内容量:74g(めん60g)

※栄養成分表示1食(74g)当たり
栄養成分:
熱量 274kcal
たんぱく質 15.2g
脂質 16.8g
炭水化物 35.4g(糖質15.3g、食物繊維20.1g)
食塩相当量 4.8g(めん・かやく2.1g、スープ 2.7g)
ビタミンB1 0.22mg
ビタミンB2 0.40mg
カルシウム 105mg

カップヌードルPRO シーフード

原材料:油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、植物性たん白、食塩、サイリウム種皮粉末、しょうゆ、たん白加水分解物、香辛料、チキン調味料、卵粉)、スープ(コラーゲンペプチド、ポーク調味料、チキン調味料、豚脂、糖類、香辛料、乳化油脂、粉末しょうゆ、にんじん調味料、たん白加水分解物、乳等を主要原料とする食品、あさり調味料、野菜調味油、紅しょうが、ポーク調味油)、かやく(キャベツ、魚肉練り製品、味付卵、いか、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、香料、かんすい、炭酸Ca、香辛料抽出物、環状オリゴ糖、乳化剤、pH調整剤、焼成Ca、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、カラメル色素、炭酸Mg、チャ抽出物、シリコーン、ビタミンB2、酸味料、ビタミンB1、(一部にかに・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

内容量:78g(めん60g)

※栄養成分表示1食(78g)当たり
栄養成分:
熱量 298kcal
たんぱく質 15.2g
脂質 18.1g
炭水化物 38.4g(糖質18.2g、食物繊維20.2g)
食塩相当量 4.5g(めん・かやく1.8g、スープ 2.8g)
ビタミンB1 0.58mg
ビタミンB2 0.40mg
カルシウム 107mg

「カップヌードルPRO/カップヌードルPRO シーフード」はどこで売っている?

 全国のスーパー・コンビニで展開されています。今回のカップヌードルPRO/カップヌードルPRO シーフードは都内のファミリーマートで購入しました。Amazonの公式サイトからも一部購入可能です。

<Text & Photo:MELOS編集部>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新