• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

電気で筋肉をビリビリ刺激!麻布十番のおしゃれなジムで「EMSトレーニング」を体験してきました (1/2)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 だんだんと暑くなってきて、肌の露出が増える季節が近づいてきました。そこで気になるのがボディライン。このまま夏を迎えたくない! と駆け込んだのが、EMSトレーニングを体験できるパーソナルジム「Visiongym(ビジョンジム) パーソナルスタジオ 麻布十番」。EMSにおける20分間のトレーニングは、従来型トレーニングの約4時間分に匹敵するとのことで、期待が高まります。

▲自然光が差し込むトレーニングエリア

▲今回指導してくれるトレーナーの皆さん。左から藤本さん、鳥光さん、二上さん

EMSとは?

  EMSとは、身体の局所に刺激を流す電気インパルス(振動)であり、筋肉を刺激して生理学的収縮を引き起こすものです。通常のエクササイズでは最大で筋肉の60%しか活性化できませんが、EMSトレーニングでは筋肉の90%が活性化し、短時間でより効果的なエクササイズが可能に。各筋肉群の深部まで刺激するので、従来のトレーニングよりおよそ18倍も優れていることが証明されています。

まずはEMSスーツの着用から

  下着はすべて脱ぎ、電気振動を通しやすくするための専用ジェルを塗ってから、EMS内蔵のボディスーツに着替えます。ボディスーツは予想よりフィット感があり、太もも、お尻、腰、腹筋、胸、腕、背中、首の部分に電流が流れるパッドが入っていました。

▲1つずつ壁のデザインが異なる脱衣所

▲四角いパッド部分に電流が流れる

▲実際に着るとこうなります。近未来的な気分に

丁寧なカウンセリングでトレーニング内容を相談

 準備ができたら、トレーナーさんとレッスン内容について相談します。「身体のどこの部分が気になるか」「どこを鍛えたいか」などを詳しく話し合います。今回、筆者はお腹周りをスッキリさせたかったので、腹筋を鍛えるメニューを重点的に行うこととなりました。このように、自分に合ったメニューを組んでくれるのが、パーソナルトレーニングのポイントです。

▲ReebokONEアンバサダーの鳥光健仁さんも直接指導

スーツに電池を取りつけ、トレーニングスタート!

  いよいよスーツ内に電池を取りつけてもらいます。iPadからEMSを調整できる仕組みになっていて、じわじわと電流が流れてきました。つねに力を入れた状態にしておかないとふらついてしまうので、全身にグッと力を入れることを意識します。ほどよく刺激がある、ピリピリとした状態になったタイミングでトレーニングが始まりました。

▲電池は太もも上くらいに取りつけます

▲電流の強さを調節できるiPad

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード