• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

限定31足に100人以上が応募。NIKE、8万円超の厚底ランニングシューズ「ヴェイパーフライ エリート フライプリント」が即日完売 (1/2)

 NIKE(ナイキ)は3月4日、同社初の3Dプリントを活用した厚底ランニングシューズ「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント」を限定販売し、即日完売となりました。

 実はこの「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント」、購入するには大きなハードルがあったことで、販売前から「履いてることがステータスになる」「これでも売れちゃう販売戦略、とても良い勉強になるな」などと話題になっていました。

関連記事:購入条件は「サブ3、3.5」。ナイキ、8万円シューズを“ガチ”マラソンランナー向けに国内販売へ

購入資格は男性「サブ3時間」、女性「サブ3.5時間」。価格は約8万円

《主な購入条件》
2017年3月3日以降のレースで下記の結果を残し、またそれを次項の方法で証明できる方。
・男性:「フルマラソン 3時間00分00秒以下」
・女性:「フルマラソン 3時間30分00秒以下」
※タイムを証明できる記録証またはWebリンク
※顔写真付き身分証明書 (コピー、期限切れ不可)

《販売価格》
81,000円(税込)

《販売サイズ》
24cm、25cm、26cm、27cm、28cm、29cm、30cm
※ハーフサイズはなし。サイズごとの在庫数は異なる。

《その他》
・応募者全員の申請タイムを集計し、商品のサイズごとにタイムの速い順から優先購入権を付与。

「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント」とは?


 マラソンの世界記録を持つキプチョゲのフィードバックをもとに開発されたシューズ。2017年9月、大雨の過酷な環境下で行われたベルリンマラソン後に、同社デザイナーが、荒天によるパフォーマンスへの影響をキプチョゲに聞いてみました。すると「シューズが水を吸い、大雨で水分が蒸発しないため、予想よりシューズが重くなった」という意見が出たそう。

 そこで、ソール部分はそのまま維持しながら、新しいアッパーを開発して問題を解決することに。実験中だった、機能的な3Dプリントを活用したアッパーを搭載しました。2018年4月にはロンドンマラソンでキプチョゲが同製品を着用し、優勝を果たしています。ちなみに同製品は、キプチョゲがベルリンで着用したものよりも11g軽くなっているそう。アッパー素材は、交差している繊維同士に摩擦が起こるため引っ張り強度が高まると同時に、足を適切な位置で安定させることができるようになっています。

31足限定に100人以上が応募。当選者には、あのトップランナーの名前も

 こうした購入条件をクリアしたうえで、発売当日である3月4日AM7:30〜8:30の間に、特定の店舗(NIKE HARAJUKU)に行き、応募受付をする必要がありました。そんな厳しい条件に加え、本日の東京は雨が降り冷え込むという状況でしたが、7:30〜8:30の応募受付の際には行列ができ、100人以上が来店し、応募しました。

 そして、AM10:30から店舗内で行われた当選者発表イベントには、発表を待ちわびた応募者が続々と来店。そこでは、今回のシューズが「31足限定であること」が明らかになり、会場では31名の名前が読み上げられ、盛り上がりをみせました。なお、商品の販売(受け渡し)は、本日15時より開始。引き渡し期間は2日間となるそう。

▲当選者が発表されたイベント

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード