• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

初めてのゴルフクラブ選び。予算は? そもそも何本買えばいいの? (1/3)

 ゴルフを始めるにあたっては、ゴルフクラブ、ウェア、シューズなどいろいろな物を買い揃える必要があります。その中でも予算がかかるのがゴルフクラブです。種類も価格の幅も大きく、初心者に立ちはだかる最初の難関です。そもそも、どんなクラブを買えばいいのか、未経験者にはわかるはずもありません。

 今回は必要なクラブの本数など基本的な知識の話だけでなく、最新のゴルフクラブ事情をよく知る「Victoria Golf」に、売れている価格帯などのお話を聞いてきました。予算だけではない、ゴルフクラブの選び方を覚えておきましょう。

ラウンドするには何本のクラブが必要か

 ゴルフ中継などでキャディが担ぐバッグには何本のクラブが入っているか知っていますか。たいていの場合が14本。ルールでコースに持っていけるのは14本以下と決まっているからです。アマチュアにも適用されるルールなので、とりあえず14本を上限に買い揃えるようにします。

 ただし、初心者のうちはフルに揃えても使いこなすのは難しいもの。必要最小限の本数でも問題ありません。以下の計9本があれば、ラウンド中のほとんどの局面に対応できます。

【必要な9本のゴルフクラブ例】
[1本]1W(1番ウッド=ドライバー)
[4本]6I~9I(6番~9番アイアン)
[1本]UT(ユーティリティ)
[1本]PW(ピッチングウェッジ)
[1本]SW(サンドウェッジ)
[1本]パター

 ゴルフクラブの販売は、アイアンはセット、ウッドはバラというのが一般的です。これらを購入する場合、アイアンセットに、ドライバーやパターなどを足していきます。ただしこうした購入法は、クラブに対する知識のない初心者に向いているとはいえません。最低限必要なクラブとキャディバッグを揃えたフルセット商品を利用したほうがいいでしょう。

初心者はどこで購入するのがいいのか

▲Victoria Golf御茶ノ水店 ゴルフクラブアドバイザー 古積豊人さん

 ゴルフクラブは、ゴルフショップ、中古店、通販などで購入できますが、初心者には、知識豊富なアドバイザーから適切なサポートを受けられるゴルフショップがお勧めです。ショップで購入するメリットを「Victoria Golf御茶ノ水店」でゴルフクラブアドバイザーを務める古積豊人さんにお聞きしました。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード