• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

接骨院、整骨院、整体。スポーツ系治療院の違いと特徴

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 アスリートなら、多くの方がお世話になったことのある治療院。接骨院や整骨院、整体院など、似たような名前がズラリと並びます。では、皆さんはその違いを説明できるでしょうか。今回は似ているようでちょっと違う、スポーツ系治療院について解説します。

整骨院、整体院、整形外科、それぞれの違いをチェック

 「関節や腰が痛む……」。そんな時、皆さんはどのような行動をとりますか?

 数日経っても痛みが引かない場合は、お医者さんへ治療に行くことでしょう。しかしこの場合、整骨院や接骨院、整体院、整形外科など、いったいどこが適するのでしょうか。その答えを知るには、まずそれぞれの違いについて知っておくことが大切です。

 まず、名前が似ている接骨院と整骨院について。この2つには、実のところ明確な違いはないようです。これらの治療院では、どちらも柔道整復師が施術を担当します。柔道整復師は国家資格のため、「国によって認められた」という信頼があり、保険が適用されるのも特徴です。ただし柔道整復師は医師ではないので、慢性疾患の治療などは認められていません。

 一方で整体・カイロプラクティックは、施術者に資格が必要されていません。そのため保険は適用外となり、飛び込みで治療を受けるにはある程度のリスクが伴います。中には正しい処置で症状を改善させてくれる“当たり”を引く可能性もありますが、一部では、まったくの素人が施術を行うケースもあるようです。くれぐれも、慎重に選びましょう。

 そして整形外科は、医師が正しい知識をもとに、正しい“治療”を施してくれます。接骨院や整骨院が柔道整復術を用いるのに対し、こちらは医術を用いることが特徴。レントゲンやMRIの検査をもとに、手術やリハビリを行っていきます。

それぞれの治療内容

 では、それぞれでどのような治療を受けることができるのか。治療院別に見ていきましょう。

◆接骨院・整骨院

 こちらは捻挫やぎっくり腰の処置、骨折や脱臼の応急手当など、急性のケガに向いた治療院となっています。柔道整復師の診察によって原因と症状を判別し、正しい施術が行われます。

◆整体・カイロプラクティック

 主に関節や骨盤、脊椎の矯正が行われます。これらの“ズレ”を正すことによって、さまざまな症状を改善するというのが共通認識。ただし、前述の通り資格が必要とされていないので、細かい施術内容は各治療院によってまちまち。接骨院や整骨院が急性なケガに向いているのに対し、こちらは「腰痛持ちのカラダを改善したい」というような、今後に向けた体質改善に適しています。

◆整形外科

 医師による診察やレントゲンなどによって症状を割り出し、手術や投薬、リハビリが行われます。こちらは「運動器」の機能を改善する目的で治療が行われるので、スポーツ傷害や事故による外傷はもちろん、加齢疾患や先天性疾患など幅広い患者層を扱うのが特徴です。

症状によって判断しよう

 冒頭に触れた「関節や腰が痛む……」というケースの場合、その症状によってかかる治療院が変わってくることは理解していただけたかと思います。ぎっくり腰のような急性の症状は、接骨院や整骨院へ。そして、慢性的な腰痛の場合は整体・カイロプラクティック。それ以外の場合は整形外科というように、症状によって行くべき治療院を判断しましょう。

 ただし同じ種類の治療院でも、さらにそこから専門分野が分かれることもあります。例えばスポーツ障害に強い、高齢者のリハビリに力を入れているなど。詳しくは、各治療院のホームページなどで事前に情報を入れておくことをおすすめします。

<Text:松永貴允/Photo:Getty Images>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード