• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 中途覚醒とは。夜中に目が覚めたときのNG行動と対策・予防方法[薬剤師監修]

中途覚醒とは。夜中に目が覚めたときのNG行動と対策・予防方法[薬剤師監修] (2/2)

寝る前のアルコールを控える

 アルコールを飲めばよく眠れると思っている人がいるかもしれません。確かに、アルコールを飲むと眠くなるため、寝付きはよくなるかもしれません。

 しかし、夜中にアルコールが切れると離脱症状が起きたり、睡眠の質が下がるなど、かえって逆効果になるため危険です。

寝る前にスマホをいじらない

 スマホやPCが発するブルーライトは、長時間見続けると脳が興奮してしまい、睡眠障害の原因となることがあります。スマホなどの操作は、就寝する1時間より前に終わらせるのが理想です。

寝室環境の見直しをする

 寝室の湿度や温度が不快感をもたらすと、ぐっすり眠れなくなります。湿度は50%くらい、室温は、夏場は25℃前後、冬場は18℃前後に保つといいでしょう。照明も明るすぎないように気をつけてください。

中途覚醒、病院に行く目安は

 夜中に目が覚めてしまう、寝付くことができない、その状態が続いている。それによって日常生活に支障が出ている、本人が苦しい思いをしているなどの状況になれば治療が必要です。内科・心療内科・精神科などを早めに受診し、放っておかずに対処しましょう。

睡眠のお悩みには漢方もおすすめ

 漢方薬のなかには、ストレスや不安などのデリケートな部分にも作用して、不眠の症状を改善するものもあり、実際に、睡眠外来でも自然由来の治療薬として使われています。

 睡眠のお悩みには、「神経の緊張を緩めたり、心を落ち着けて精神を安定させる」「自然な眠りに導く」などのはたらきのある漢方薬が選ばれます。また、血流を改善して、自律神経やホルモンをつくる内分泌系を整えることにより、イライラや不安、ストレスからくる不調の改善にはたらきかけます。

 さらに、胃腸の消化機能を高め、栄養の吸収をよくして疲労を回復させ、胃腸の動きを整えることにより、便秘の改善にも役立つでしょう。

中途覚醒でお悩みの方におすすめの漢方薬

加味逍遙散(かみしょうようさん)

 体の上部にたまった気をおろすことで熱を冷まし、イライラ、不眠症などの心身の不調にはたらきかけます。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

 気をおろして精神を安定させるとともに、からだの熱を冷ますことでのぼせや動悸などにはたらきかけます。神経質でイライラしがち、精神的に不安定な人に向いています。

酸棗仁湯(さんそうにんとう)

 血(けつ)を補い、熱を冷ますことで、精神を安定させ不眠症にはたらきかけます。体力が低下して、心身が疲れている人に用いられます。

 このように、漢方薬には、睡眠の質を改善するはたらきがあるものもあります。 睡眠障害や、中途覚醒に用いられているものがありますが、大切なのは生薬と体質との相性です。

 漢方薬は、ご自分の状態や体質にうまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。しかし、たくさんの漢方薬から、ご自分に合ったあった漢方薬を見つけるのは大変です。そんなときは、「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。漢方に精通した薬剤師とAIが、あなたに効く漢方薬を見極めて、お手頃価格で自宅に郵送してくれます。

対策を知って中途覚醒を卒業しよう

 中途覚醒が続くと、睡眠の質が低下して、疲れがとれなくなってしまいます。加齢とともに睡眠の質が変わってくるのは仕方ないことですが、生活習慣の改善や、必要に応じて漢方薬などの対策を日常に取り入れてみましょう。

参考:
厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト e-ヘルスネット 休養・こころの健康 睡眠と健康 不眠症

厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト e-ヘルスネット 休養・こころの健康 睡眠と健康 快眠と生活習慣

ツムラ酸棗仁湯エキス顆粒(医療用)

ツムラ柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒(医療用)

<この記事を書いた人>
相田 彩
薬剤師。昭和薬科大学薬学科卒業。
総合リハビリテーション病院、精神科専門病院、調剤薬局に勤務するなかで、漢方薬が使用される症例の多さと、体質や症状に適した漢方を使用することの重要性を実感する。漢方薬の力をより多くの方に広めるために、漢方のプロがAIを活用して自分に適した漢方薬を選び、お手頃価格で自宅に郵送してくれる「あんしん漢方」で情報発信をしている。
●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/

<Edit:編集部>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -