• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

「1日1万歩」は意味ない?普通に歩くのと早足ウォーキング、どちらが痩せる?メガロストレーナーが解答

 ボディメイクに勤しむトレーニーたちが疑問に思っていることをピックアップし、トレーナーにぶつける本企画。今回は「ウォーキング、“1日1万歩”歩いても意味がない?」について、メガロスゼロプラス恵比寿で社内パーソナル教育を担当している小松裕季さんが答えてくれました。

Q.減量のために「1日1万歩」を目標にしているのですが、普通に歩いてもあまり意味がないって本当ですか?早足のほうがいいのですか?

A.歩幅を大きく保ち、早足で1万歩。これでカラダの変化を感じやすくなる

「減量のための運動として大切なことは、消費カロリーを考えることです。すなわち、より多くのエネルギーを消費することで減量にも効果が期待できます。では、消費カロリーを多くするためのポイントは何かというと、『運動強度』です。

運動強度とは、運動中に体に与える負荷を指しますが、具体的には時間、ウエイト(重さ)、回数などがあります。また、今回の歩行で考えるなら“スピード”も重要な運動強度と言えます。よって、普通に歩いても意味がないわけではありませんが、早足で歩いたほうがスピードが速くなるぶん、運動強度が増し、減量効果が期待できます。

具体的な歩行スピードについてですが、時速4km~5km(感覚でいうと、意識してスピードを上げて歩いている状態)を目安に歩くのが理想的です。なお、一般的な歩行スピードは時速3kmです。

また、消費カロリーを増やしたければ歩幅を大きくとることもポイントとしてあげられます。歩幅が大きくなることで筋肉の活性化もより促され、消費カロリーも増やすことができます。歩幅の大きさは、『身長㎝–100~110㎝』をイメージするとよいでしょう。

自分のペースでゆっくり歩行するだけでは運動効果は期待しづらいため、減量目的であれば、意識して歩行スピードを上げ、かつ歩幅を大きく保つことで、“一日一万歩”歩くことでのカラダの変化が期待できます」

[プロフィール]
小松裕季(コマツ・ヒロキ)
メガロスゼロプラス恵比寿(フィットネス事業部パーソナル課)に所属。社内パーソナル教育担当

 取材協力
・店舗名 メガロスゼロプラス恵比寿(東京都渋谷区恵比寿南2-4-4 1F)
・公式サイト https://www.megalos.co.jp/

<Text:編集部/Photo:メガロス提供、Getty Images>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード