• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 食べすぎた!増えた体重と体脂肪のリセット術をライザップトレーナーが解説

食べすぎた!増えた体重と体脂肪のリセット術をライザップトレーナーが解説

 ボディメイクに勤しむトレーニーたちが疑問に思っていることをピックアップし、専門家にぶつける本企画。今回はゴールデンウイークなどの大型連休や、旅行時、年末年始の食べすぎについて、業界最大手のパーソナルトレーニングジム「RIZAP(ライザップ)」のトレーナーが解説します。

 暴飲暴食とまでいかずとも、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、以前よりも自宅で過ごす日々が増えた今、つい食べすぎてしまうことも……。この増えてしまった体重・体脂肪、リセットする方法はありませんか?

Q. 長期休暇や旅行時、かなり食べ過ぎてしまいます。当然ながら体重も体脂肪も増えました……なるべく早く元に戻す方法を教えてください。

A. 食べる前に筋トレをしましょう。また、食べすぎた後は夕食の糖質を1~2週間ほど調整しましょう。

 食べすぎてしまったからといって、絶食などを行い食べる量を極端に減らすと、筋肉量が減り代謝が落ちてしまいますので、やはり、運動をして脂肪を燃焼させることが大切です! それに加えて、より効率的な方法が2つあります。

1.食べる前に筋トレをする

長期休暇や旅行時は、おいしいグルメを食べたくなりますね。あらかじめ『食べる』というのが分かっている場合は、太りにくくする対策方法があります。それは、食べる前に筋トレをすること。夕食前の1~2時間前に行うのがおすすめです。

筋肉は食べたものをエネルギーとして貯蔵し、溢れた分が脂肪となります。そのため、食前に筋トレを行うと、食べたものをエネルギーとして使いやすくなり、脂肪に蓄積するのを防ぐことができます。

筋トレメニューとしては、下半身・上半身トレーニングをそれぞれ2種目程度行いましょう。足・おしり・背中・胸・肩など大きい筋肉を動かすと効果的です。たとえばスクワット、腕立て伏せなどを、15回2~3セットを目安に取り組んでみましょう。RIZAPの公式YouTubeチャンネルや、インスタグラムでもトレーニング方法を配信しています。

 2.リセットは1週間かけて行う

今日食べたから、明日絶食しようというのはNG。栄養が極端に不足すると筋肉は減ってしまいます。体重が一時的に落ちても、脂肪はそのままに筋肉量が減っただけという場合があります。

筋肉量が減ると、代謝が落ち、リバウンドしやすい身体になっていくという悪循環が。自分の体重・体脂肪を把握し、2~3キロ増えたときは、次の日だけではなく1~2週間かけて、夕食の糖質(炭水化物や揚げ物など)を少し減らすなど行い、徐々に増えた体重を戻していくよう意識しましょう。その方が健康的に、リバウンドしにくい身体づくりへと繋がります。

関連記事:業界最大手・RIZAP(ライザップ)の無料カウンセリングに行ってみた│まずはお試し!パーソナルジム探訪

[プロフィール]
管野翔太(かんの・しょうた)
2012年RIZAP入社。RIZAPトレーナーの教育長としてRIZAPメソッドの構築やスタッフ教育に関わると共に、オリンピック選手やトップモデルなどを中心にパフォーマンスとボディメイクをサポートしている。 現在はサッカーJリーグ湘南ベルマーレの専属トレーナーおよび、RIZAPアスリート専門施設RIZAP Lab.の責任者としてアスリートのサポートを中心にRIZAPメソッドの進化に携わる。

取材協力
・RIZAP株式会社
・公式サイト https://www.rizap.jp/

ライザップ

<Text:編集部/Photo:Getty Images>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新