• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 「四十肩・五十肩」と「普通の肩こり」、見分け方は?整形外科医が解説

「四十肩・五十肩」と「普通の肩こり」、見分け方は?整形外科医が解説

 四十肩あるいは五十肩とは、肩の関節の周りの組織が炎症を起こし、痛みをともなったり、動く範囲が狭まったりする関節の病気で、正式には「肩関節周囲炎」といいます。

 主に中年以降、特に40代~50代を中心に多く見られるため、40代で発症すれば四十肩、50代で発症すれば五十肩と呼ばれますが、あくまで俗称です(以降、四十肩と表記)。こう書くと老化による病気のようですが、65歳以上の高齢者では意外に発症は少ないそうです。

四十肩・五十肩と肩こりの違い

四十肩は“関節の病気”、肩こりは“筋肉の痛み”

 四十肩の大きな特徴は、特にきっかけもないのに肩がひどく痛くなることです。はじめは「なんとなく違和感がある」ぐらいなのが、次第に痛みが増していきます。痛みの出方は人によって異なり、数週間で急激に痛くなる人がいれば、数か月かけて徐々にひどくなる場合もあります。

 四十肩はあくまで“関節の病気”であり、筋肉疲労や血行不良などによる“筋肉の痛み”である肩こりとは根本的に異なります。

 肩こりが首の後ろから背中にかけて幅広い部位が痛くなるのに対して、四十肩の痛みは左右どちらかの肩関節の周囲に限られます。さらに、夜寝ているときに痛くなる「夜間痛」があることも四十肩の特徴です。人によってはひどい痛みのために寝られないことが続きます。

 軽症の場合は数ヶ月すると、肩を動かさなければ痛みはほとんどなくなりますが、今度は肩を動かせる範囲が著しく狭くなります。これは治ったわけではなく、関節の周囲が硬くなっているからです。

✓ 四十肩・五十肩は“関節の病気”、肩こりは“筋肉の痛み”
✓ 四十肩・五十肩は特にきっかけもないのに肩がひどく痛くなり、次第に痛みが増していく
✓ 四十肩・五十肩は「夜間痛」がある
✓ 四十肩・五十肩は肩を動かさなければ数ヶ月で痛みはなくなるが、肩を動かせる範囲が狭くなる

[監修者プロフィール]
竹谷内康修(たけやち・やすのぶ)
整形外科医・カイロプラクター。竹谷内医院院長。
東京都生まれ。2000年に東京慈恵会医科大学卒業後、福島県立医科大学整形外科へ入局。2003年、米国のナショナル健康科学大学へ留学。2007年、東京駅近くにカイロプラクティックを主体とした手技療法専門の竹谷内医院を開設。肩こり、首の痛み、腕のしびれ、腰痛、腰部脊柱管狭窄症、関節痛などの手技治療に取り組む。雑誌、新聞、テレビなどのメディアでも活躍中。著書に『腰痛を根本から治す』『腰・首・肩のつらい痛みは2分で治る!』(以上宝島社)、『首の痛みは、自分で簡単に治せる1』(三笠書房)などがある。
【竹谷内医院 公式サイト】https://takeyachi-chiro.com

・『頸椎症の名医が教える 竹谷内式 首トレ 5分の体操で首の痛み・肩こり・腕のしびれが消える』(徳間書店)
▼公式ページはこちら

※本記事はMELOSで公開された記事「四十肩&五十肩の治し方:症状、原因、予防法、ストレッチ法を徹底解説[医師監修]」を再編集したものです。

<Edit:編集部/Text:渡辺幸雄/Edit:松田政紀(アート・サプライ)/Photo:Getty Images>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新