• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 和菓子と洋菓子、どっちが太りやすい?トレーナーが解説

和菓子と洋菓子、どっちが太りやすい?トレーナーが解説

 ボディメイクに勤しむトレーニーたちが疑問に思っていることをピックアップし、専門家にぶつける本企画。

 今回は、ダイエット中のおやつ問題について。どうしても甘いものが食べたい場合、和菓子と洋菓子、どちらがおすすめなのでしょうか。会員制フィットネスクラブ「東急スポーツオアシス」のトレーナーに聞いてみました。

Q. ダイエット中ですがどうしてもスイーツが食べたくなった場合、せめて和菓子と洋菓子、どちらをチョイスすればよいでしょうか?

A. どちらかといえば脂質が低い和菓子がおすすめです。

 どちらかといえば和菓子です。和菓子の方が、洋菓子よりも脂質が低いからです。

 ダイエット中は、体脂肪の原因となる脂質を抑えることがダイエット成功の近道! 脂質は、糖質、たんぱく質、脂質の三大栄養素の中でも一番カロリーが高い栄養素です。

 糖質・たんぱく質は1g=4kcalですが、脂質は1g=9kcalと糖質・たんぱく質の倍以上のカロリーがあります。ショートケーキとどら焼きが同じ200kcalとすると、洋菓子のショートケーキは脂質約8.0g、和菓子のどら焼きは脂質約2.0gと体脂肪の原因となる脂質の量が4倍も違うのです。

 洋菓子は生クリームやバターなど乳製品を使っており、乳製品は脂質が高いためダイエット中は控えたほうが良い食品です。

 脂質は体脂肪の原因になりますが、細胞膜の成分や体温維持など生理機能にとって大切な栄養素でもあります。そのため、不足は良くありません。なお、主菜(肉・魚など)を摂取すると、たんぱく質の他に脂質も摂取できるので、あえて脂質を摂取する必要はありません。

 和菓子も摂りすぎはオススメできませんが、ダイエット中に迷ったときは、脂質の少ない食品を選べるといいですね。どうしてもスイーツが食べたくなった場合は、脂質の少ない和菓子がおススメです。

関連記事:管理栄養士が選ぶ、疲労回復におすすめのコンビニお菓子&デザート10選

[プロフィール]
吉村育恵(ヨシムラ・イクエ)
特定保健サービス所属。フィットネスクラブ店舗では、ダイエットに特化したプログラム「シェイプナビ」のトレーナーとして活躍。現在は、管理栄養士の資格を活かして、栄養セミナーや特定保健指導の分野で運動習慣・食生活のアドバイスを行う。

記事協力
・東急スポーツオアシス
・公式サイト https://www.sportsoasis.co.jp/

<Text:編集部/Photo:Getty Images>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -