• Facebook
  • Twitter

野球の技術よりも、おもしろさを伝えるスクールにしたい。King Effect増渕竜義氏(後編)【元プロアスリートに学ぶ、ビジネスの決断力 #2】

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 27歳の若さでプロ野球界から引退し、起業した増渕竜義氏。数ある野球関連業の中から、なぜ野球スクール運営を選んだのか? 後編では、増渕氏が立ち上げたKing Effectのこれからの展望や、野球スクールにかける想いについて紹介していきます。

《前編はこちら》
・【元プロアスリートに学ぶ、ビジネスの決断力 #2】20代で現役を引退し、野球スクールを運営。King Effect増渕竜義氏(前編)

―― 会社を立ち上げて、まず着手したのが野球スクールの運営ですが、なぜスクールだったのでしょう。

 野球人口は年々減っているわけですが、それは単純に子どもの数が少ないからではなく、子どもが自由に野球を楽しめる環境がなくなったからだと思っています。我々が子どもの頃は、学校が終わると公園に集まって野球するのが当たり前でしたが、今は公園内でバットを振ってはいけないとか、ボールを使った遊びをしてはいけないといったように、野球ができる環境自体がなくなってしまっています。そこで私は、スクールを通して多くの子どもたちに野球のおもしろさや素晴らしさを伝えたいという気持ちから開校を決めました。

―― 高い技術を身につけたい方限定の、本格野球指導みたいな感じではないと。

 確かに、元プロが教えるというとことで、本格的なレッスンを期待される方も多いと思いますが、私はスパルタ的な指導はしたくありません。野球を好きになってもらうために始めたのに、キツいだけでおもしろくないからもう辞めたいと思わせてしまったら、開校した意味がありませんからね。

 とはいえ、上手くなりたいと思って練習している子には、ちゃんとした技術トレーニングを施しています。でも、嫌いな練習を無理矢理やらせるようなことは絶対にしません。まず子どもたちに、どんな選手になりたいか、どんなプレイができるようになりたいのかを聞き、その上で理想を叶えるためにはどんな練習をすればいいのかについても考えさせるということから始めています。

 勉強もそうですよね。嫌いな科目を無理矢理勉強させられたところで、頭に入るわけがありません。好きな科目を自主的に勉強する方が伸びますよね。つまりそういった原理です。

▶マンツーマンで理想のカラダに! 全国のパーソナルジムを探す

―― 子どもたちの反応はいかがですか。

 やはり集中力はすごいですよ。やりたい練習や、なりたいプレイスタイルに向かって、一生懸命自分で考えたメニューをこなしています。それに、好きなことだけあって上達も早いです。とはいえ私がまったく動かないわけではなく、もちろん上手くできなかったり、どうしていいかわからないと悩んでいるときは、しっかりとアドバイスして、正しい方に導きますし、動きを見ていてちょっとおかしいなと思ったら修正します。

―― 現在何名くらいの生徒さんが通っていますか。

 今でちょうど30名といったところです。スクールを始めてまだ2ヶ月なので、割と早いペースで集まってきているなという実感があります。今は小学生と中学生をメインに教えているのですが、実は社会人も入会できます。草野球チームでプレイしている方にはレベルアップの秘策として使って頂きたいですね。

―― スクール運営を含めて、これからKing Effectは今後、どういったことをやっていこうとお考えですか。

 現在は上尾を拠点としていますが、要望があれば全国への展開も考えています。生徒さんの数が増えてきた場合は、プロのセカンドキャリアとして支店をお任せするのもアリだなと思っていますね。今は私ひとりなので、できる範囲で精一杯やっていきたいです。

―― 年々野球のレベルは上がっていますから、本格的な指導を求める高校球児からの依頼なども期待できそうですね。

 昔は時速150㎞台の速球を投げると騒がれたものでしたが、プロの世界において今では普通というか、出せて当たり前の速さになっていますからね。大谷投手のように時速160㎞台というこれまで見たことのない球を投げる選手も現れていますし、何よりメジャーで活躍できる日本人選手も続々出てきているので、本格的なトレーニングの需要は見込めるでしょうね。

―― 今教えている生徒さんの中にスター選手の片鱗が見える子はいますか。

 確かに突出している子は目立ちますけどね。まだわからないかな。中には高校生になってから覚醒する子もいますから、今は何とも言えませんね。ちなみに、私が今こうしてスクール運営をしている中で大きな夢があって、それは教え子が甲子園に出たり、プロになって活躍する姿を見たいということです。まさに親の感覚で見てしまうのでしょうね。本当にその日が楽しみです。

《前編はこちら》
・【元プロアスリートに学ぶ、ビジネスの決断力 #2】20代で現役を引退し、野球スクールを運営。King Effect増渕竜義氏(前編)

▶全国のパーソナルジムを検索するなら「EPARKスポーツ」へ

増渕竜義(ますぶち・たつよし)
1988年5月3日生まれ。埼玉県草加市出身。元プロ野球選手。2006年、東京ヤクルトスワーローズにドラフト1位で入団。サイドスロー気味のスリークォーターから繰り出される時速150Km台のストレートを武器に活躍。2014年に日本ハムファイターズに移籍し、翌年引退。現在は野球スクール運営などを手がけるKing Effectの代表を務める

<Text:上野慎治郎(アート・サプライ)/Photo:小島マサヒロ>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード