• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 子育て
  • 人気が高い水泳!名門スイミングスクールの内容から調べてみた【子どものスポーツ習い事の費用 #1】

人気が高い水泳!名門スイミングスクールの内容から調べてみた【子どものスポーツ習い事の費用 #1】 (2/3)

⑤セントラルスポーツ

 スポーツジムの大手として有名な「セントラルスポーツ」のスイミングクラブ。オリンピック選手を多く輩出しており、全国にたくさんの教室がある。

《オリンピック出場実績》
鈴木大地(1988年ソウルオリンピック)
森田智己(2008年北京オリンピック)
伊藤華英(2008年北京オリンピック)

⑥コナミスポーツ運動塾スイミングスクール

 スクール内の全国大会を開催し、全国の110施設に在籍する約2万人の上級スイマーのランキングをWEBで公開している。

《オリンピック出場実績》
貴田裕美(2012年ロンドン、リオオリンピック)

⑦スウィンスイミンググループ

 2007年に発足したスイミングスクールグループ。年2回グループの中学生以下を対象とした競技会を開催。大会記録や結果はHPで公開。

《オリンピック出場実績》
北川麻美(2008年北京オリンピック)
星奈津美(2008年北京、2012年ロンドンオリンピック)
内田美希(2012年ロンドンオリンピック)
大塚美優(2012年ロンドンオリンピック)

入会金や月謝ほか初期費用の平均は?

 スイミングスクールに通わせるには、初期費用も含め、いくらぐらいかかるのでしょうか。入会金や月謝のほか、スクール指定の水着やキャップ、ゴーグル、バッグなどがあるスクールの購入が必要なスクールもあります。

 また、入会する子どもの年齢によるクラスやレベル、月に通う日数によっても月謝の金額は変わります。泳ぎが上達してくれば、大会の選手登録料や参加交通費、さらに選手育成コースへの変更などなど。

 ではまずはスイミングスクールに通うための初期費用と月謝の平均を算出し、相場をみてみましょう。以下は、前出の名門7スクールの平均です。

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -