• Facebook
  • Twitter

元サッカー日本代表の前園真聖さんに学ぶ、心と体のセルフメンテナンス術

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 元サッカー日本代表の前園真聖さんといえば、1996年アトランタオリンピックの対ブラジル戦に勝利した「マイアミの奇跡」の最大功労者。サッカーに興味がない人でも名前くらいは聞いたことがあるという、超有名人です。現役を退いた今は、サッカー解説を行う傍ら、幼稚園児から小学生までが対象の「ZONOサッカースクール」を設立するなど、サッカーの普及活動にも大きく貢献しています。

 そんな前園さんが教えてくれた、「現役引退後に行っているセルフメンテナンス術」。一般人目線で見ても取り入れやすく、すぐ真似できそうなメソッドばかりです。元トップアスリートのライフスタイルを、少し覗いてみましょう。

▶エアロバイクから筋トレまで。全国のフィットネスジムを探す

ストレスを感じない程度の運動を続けよう

 元アスリートなので、毎日汗を流さないと気が済まないという前園さん。ですが、意外にもランニングなら5km程度、ジムも1~2時間ほど。しかも週1回程度のサイクルだそうです。これって一般人が土日にジムへ行くのと似ていませんか?

 「少なからず身体を動かして、汗をかけば、食事もおいしく感じるし、ぐっすり睡眠も取れますからね。人生を謳歌するために、運動をしているような感じかもしれません」(前園さん)と、なにごとも適度に、無理をしないようにやるという姿勢が伺えます。

適度に楽しみ、継続させる。前園真聖のライフスタイル×スポーツ<Vol.1> | 健康×スポーツ『MELOS』

忙しい生活だからこそ「お風呂」の重要性が分かる

 テレビ出演などで全国を駆け回る前園さんは、やはり生活が不規則になりがち。多忙な現代人は「忙しくて運動なんて出来ないよ!」「残業続きで疲れてるから、週末は寝ていたい」という人が多いかもしれませんが、そんな状態だからこそ見直したいのが「入浴」です。

 前園さんも、いろいろ試した結果たどり着いたのが「半身浴」と「バスソルト」だったとのこと。入浴を眠り薬と称するほど、前園さんはバスタイムを大切にしています。

 睡眠は疲労回復やダイエットにも深く関わってきます。シャワーで済ますのではなく湯船に浸かると、睡眠の質も上がっていくことでしょう。

前園真聖のボディメンテナンス術。入浴で心も体もリフレッシュ<Vol.2> | 健康×スポーツ『MELOS』

甘いものを我慢しない!前園流スイーツの食べ方

 ダイエット時の大敵・甘いもの。前園さんも子どものことからスイーツが大好物で、現役時代もかなりのペースで食べていたらしく、まさに生粋のスイーツ男子と言えます。

 お砂糖たっぷり、脂肪分多めのケーキなどは極力我慢したほうが身体にいいのは確かですが、死ぬまで我慢し続けるのってつらいですよね。前園流スイーツの食べ方としては、「一気にどか食いはせず、大切に、一口ずつ味わいながらおいしく食べることがポイントでしょう。大好物なものだからこそ、我慢するのは“心”に良くないんです!」 とのこと。

 世の中の女子が感動する言葉をありがとうございます!

気持ち良く味わうスイーツは、がんばる自分へのご褒美。前園真聖のライフスタイル×スポーツ<Vol.3> | 健康×スポーツ『MELOS』

サッカー環境に恵まれなかった、前園さんの子ども時代

 幼稚園児~小学校高学年が対象のサッカー教室「ZONOサッカースクール」を運営し、青少年のサッカー育成に力を入れている前園さん。今でこそネットが発達し、日本中いつでもサッカーの情報が手に入るようになりましたが、前園さんの少年時代は「サッカーのクラブチームもなければ人気サッカー番組も放送していない」という環境でした。

 サッカー雑誌を見て自分でトレーニングメニューを組み立て、壁当て練習をひたすら行っていたそうです。サッカー部がなかった中学時代は、陸上部に所属しながらも部活後にサッカーの練習を行い、なんとサッカー部設立へ。その後、ようやくサッカー強豪校へ進学しました。たとえ環境が整っていなくても、本当に好きなコトだからこそ、自主的に取り組むもの。活動は実を結び、日本を代表するサッカー選手へと成長していきます。

「好きなことこそ一生懸命になって」。前園真聖が考える育成年代の子どもとの向き合い方 | 子育て×スポーツ『MELOS』

前園さんがコーチに!スペシャルサッカー教室の様子

 MELOSを運営するEPARKスポーツでは、著名アスリートをコーチとして招いたキッズ向けスポーツ教室を、千葉県幕張にある「ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA」で開催しました。ボールに触れる時間をとにかく増やすこと、常に試合をイメージした動きを意識すること、積極的に仲間と声を掛け合いコミュニケーションをとること。「サッカーが上手くなりたい、楽しいと思っていたら、毎日少しでも練習することを忘れないでほしい」。やはり継続は力となるのですね。

「毎日少しでも練習することを忘れないで」。前園真聖がスペシャルサッカー教室で小学生に伝えたこと | 子育て×スポーツ『MELOS』

 前園さんのライフスタイルや、サッカーへの情熱が分かる記事をお届けしました。前園さんファンはもちろんのこと、ぼんやりとしか知らなかった人にも「前園真聖ってこういう人なんだ」というのが、少しはお伝えできたかと思います。運動時間や入浴のポイント、スイーツへの向き合い方など、一般人でも取り入れやすいボディメンテナンス術は、自分流にアレンジしつつ取り入れてみたいですね。

▶エアロバイクから筋トレまで。全国のフィットネスジムを探す

<Text:編集部>

【お知らせ】
EPARKスポーツが主催する秋のスポーツイベント!
キッズボルダリング体験、Reebok ONE アンバサダーによるスペシャルランニングレッスンなど、
ここでしか体験できないスポーツイベントです!
お申し込みは先着順!どのイベントも人数限定となりますので、お申し込みはお早めに!
>>お申し込みはこちら<<
https://sports.epark.jp/event_groups/1

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード