• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 趣味
  • コンビニやスーパーで買える「脂質が低いプロテインバー」おすすめ9選

コンビニやスーパーで買える「脂質が低いプロテインバー」おすすめ9選 (3/3)

ストロングハート ストロングバー カカオブラック

 原材料は、加水分解ミルクプロテイン、食物繊維(イヌリン)、有機アカベシロップ、大豆パフ、バージンココナッツオイル、ココアパウダー、アーモンド、塩の8つのみのシンプルさ。たんぱく質は22.5g。イヌリンは腸内善玉菌のエサとなり、血糖値を下げることで注目を集める水溶性食物繊維。店頭販売はナチュラルローソンのみ。

■内容量:60g   
■購入価格&購入場所:410円/コンビニ

《栄養成分表示》
エネルギー:225.8kcal/たんぱく質:22.5g/脂質:8.0g/炭水化物20.5g(糖質:9.8g、食物繊維:10.7g)/食塩相当量:0.4g

ザイテンバッハ プロテインバー 抹茶

 ドイツの老舗自然食品会社「ザイテンバッハ」と、日本の抹茶スイーツの名店「神楽坂茶寮」の日独合作プロテインバー。人工甘味料、着色料、香料不使用で、自然由来成分を100%使用。乳たんぱく+大豆たんぱく配合で、たんぱく質は16g。1袋に小ぶりなバーが2つ入って、こまめな栄養補給に便利。飽きのこないおいしさは、さすがの抹茶。

■内容量(1袋2本入):30g×2 
■購入価格&購入場所:432円/フィットネスショップ

《栄養成分表示》
エネルギー:216kcal/たんぱく質:16g/脂質:8 g/炭水化物25g(糖質:14g、食物繊維:12g)/食塩相当量:0.1g

Protein Plus パワーバー プロテインプラス・チョコレート

 パワーバーの独自製法で、ホエイ、カゼイン、大豆たんぱくを配合。3種類を組み合わせることで良質のたんぱく質を凝縮。ずっしり、ねっとりした食感だが、ビターチョコレートのおいしさで、1本ぺろりといける。たんぱく質は17g。ドイツのまじめなプロテインバーだ。

■内容量:55g   
■購入価格&購入場所:442円/フィットネスショップ

《栄養成分表示》
エネルギー:187kcal/たんぱく質:17g/脂質:3.9 g/炭水化物17g/食塩相当量:0.13g/カゼイン:10.4g/ホエイプロテイン:3.9g/大豆プロテイン:1.2g

※本記事はMELOSで公開された記事「コンビニプロテインバー21種の味と栄養を比較!どの種類がおすすめ?食べるタイミングは?」を再編集したものです。

<Edit:編集部/Text:京澤洋子(アート・サプライ)/Photo:松田実希、Getty Images>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新