2023年6月14日

スクワットで痩せやすい体に。太もも・お尻にめちゃ効く3分間トレーニング (1/2)

今回は、下半身痩せを目指すスクワットトレーニングをご紹介。キツめの種目を短時間でこなしていきます。お尻と太ももを中心にしっかり引き締めていきましょう。下半身の筋肉は体の中でも大きく、鍛えることで基礎代謝のアップが代謝アップが望め、脂肪燃焼効果も期待できます。最後まで一緒に頑張っていきましょう。

フィットネスランニングトレーナーのとして活躍する鳥光健仁さんのトレーニング指導のもと、正しいやり方・フォームを動画で解説します。

\タップして動画を再生/

①ワイドスクワット

正しいやり方

1. 肩幅よりも広めに、外に約45度向けて足幅を取る
2. 直立した姿勢で胸の前で手は合掌する

3. 腰はゆっくりと下げていく
4. 太ももが膝と平行になるまで下げていく

5. 下げたら素早くスタートポジションに戻す

実施回数

15回

ポイント

・しゃがんだ時に、膝が内側に入らないように
・呼吸は止めずに、吸って吐いてを繰り返す
・太ももは床と並行になるまで下げる
・目線は下げないように、まっすぐ前を向く

鍛えられる筋肉(場所)

・大腿四頭筋
・大殿筋
・腸腰筋 etc…

②ワイドジャンプスクワット

正しいやり方

  1. 足は肩幅よりも少し大きく「ハの字」に開く
  2. 足を開いたままジャンプする
  3. 着地した時に、お尻を膝より下に落とす
  4. この上下のジャンプを繰り返す

実施回数

20秒

トレーニングのポイント

・足幅が狭くならないように
・着地のときは、足の裏全体で地面を踏む
・疲れてきても最後目で丁寧に

鍛えられる部位

・大腿四頭筋
・内転筋
・ハムストリングス
・臀筋 etc…

③フルスクワット

正しいやり方

  1. 両足を肩幅に広げ、つま先はハの字にする
  2. 両手を胸の前に軽く伸ばしながら、胸を軽く張り背筋を伸ばす
  3. ゆっくりと息を吸いながら、お尻の位置が膝よりも低くなるように下げていく
  4. 息を吐きながらゆっくり腰を上げ、膝が伸びきる手前でまた腰を落としていく

実施回数

10回

トレーニングのポイント

・膝をつま先よりも前に出さない
・お腹に力を入れて、正しいフォームで

鍛えられる部位

・大臀筋
・内転筋
・大腿四頭筋 etc…

次:最後の種目、スロースクワットを解説

1 2