• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【動画解説】ランニング時の歩幅を広げる!“ストライドを伸ばす”トレーニング方法 (1/3)

 ランニングフォームを考える場合、意識したいポイントの1つが『ストライド』です。ストライドとは、つまり1歩あたりの歩幅のこと。歩幅が広がれば、同じ距離でもそれだけ少ない歩数で進むことができます。さらに着地回数が減るため、ランニング時に受ける着地衝撃、それに伴う疲労蓄積の軽減も期待できるでしょう。

 ではいったい、ストライドはどうすれば伸ばすことができるのか。また、そもそも「ストライドを伸ばす」とはどういうことなのか。言葉では分かりにくいポイントを、ここでは動画を用いて解説していきます。一部ではありますが、具体的なトレーニング方法もお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

ストライドを伸ばすって、どういうこと?

 そもそも、ストライドを伸ばすとはどういうことなのか。おそらく多くの方は、「足を前に伸ばす」ことをイメージされるのではないでしょうか。実際、私がランニングクラブやパーソナルレッスンで指導する中では、そのような認識を持たれている方が大半を占めています。これは市民ランナーだけでなく、学生など陸上競技選手も同様です。では実際に、「足を前に伸ばす」ことを意識して走ったときのランニングフォームを見てみましょう。

 まず、こちらは普通に走っている状態。スピードがゆっくりということもありますが、歩幅が狭くなっています。ではここから、「足を前に伸ばす」走りを行ってみましょう。

 確かに歩幅は広がっています。しかし足が前に出ると上体が後からついてくる形になり、場合によってのけ反るような姿勢になってしまうことがお分かりいただけるでしょう。これでは、残念ながらスピードが出ません。膝を曲げた状態で踵から着地しやすくなり、着地衝撃による負担が膝に集中するほか、進行方向とは真逆(=後ろ側)に反発してしまいます。

 そこで、真逆に考えてみます。つまり「足を後ろに伸ばす」意識で走ってみるのです。その結果が、次のこちらとなります。

 同様に歩幅が広くなっていますが、ストライドが広がっているのは後ろ足。地面を斜め下後方に反発する形となり、その反発は前方への推進力になります。重心位置が安定し、走りそのものがスムーズに感じられるのではないでしょうか。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード