インタビュー
2024年6月4日

ガリガリ体型から筋肉女子に!変わったきっかけは?ビキニ大会選手インタビュー

7月28日、東京・横田基地で開催されるボディビルの大会「CJBBF USA-JAPAN フレンドシップカップ」ビキニカテゴリーに出場予定のパーソナルトレーナーMAMIさん。今でこそ筋肉もりもりの筋肉女子ですが、じつは20代の頃はガリガリ体型だったのだそう。

変わるきっかけは一体なんだったのでしょうか?筋トレのスケジュールや憧れの人についてのお話、トレーニングを始めたいと思っている人への一言などもいただきました!

 

↑インタビューを動画で見たい人はこちら↑

無理なダイエットでガリガリ

無理なダイエットをしていた頃のMAMIさん

―トレーニングを始める前はどんな体型でしたか?

時代的にすごく細いスタイルが流行っていたんですよ。アムロちゃん(安室奈美恵)とか、あゆ(浜崎あゆみ)が流行っていたときなので。「食べない」「運動しない」ダイエットをして結構ガリガリ。今と違って厚みがなく薄っぺらい体でした。

―MAMIさんがトレーニングを始めたきっかけは何ですか?

モテたいから(笑)。本格的に始めたのは8年ぐらい前、30歳になってからです。歳がバレました(笑)。今年39になります。

―トレーニングを始める前は何かスポーツはやっていましたか?

中学生まで陸上をやっていて、それ以降はとくにスポーツはやっていないです。

―いつトレーナーになったんですか?

パーソナルトレーナーになって今年で7年目かな。その前は大きなスポーツジムで、ヨガとかピラティスのインストラクターとして働いていました。

週5~6で鍛えるスケジュール 


―トレーニングのスケジュールを教えてください

週に5回、多いときで6回。7回はやらないようにしています(笑)。分割してやっていて、だいたい5分割ぐらいに分けています。

MAMIさんの筋トレ5分割法

・肩
・背中
・前ももとお尻
・胸と腕
・ハムストリングスとお尻


―トレーニングでよく使うアイテムはありますか?

私はお尻のトレーニングがすごく好きなんですよ。元々ぺったんこだったから、おっきな丸いお尻になりたくて。なので足に巻く「ブーティーバンド」はよく使っています。

\ブーティーバンドを使ったお尻トレーニング/


―ビキニ選手で憧れの人はいますか?

IFBBプロのジャネット・ラユグ選手。彼女も私と同じでお母さんなんですよね。元々フーターズ(アメリカで誕生したアメリカンレストラン&スポーツバー)でNo.1(2014年ミスフーターズ世界大会グランプリ)を獲った子で。彼女がほんとにステキで。私は彼女を見てビキニ(ボディビルのカテゴリー)をやりたいと思いました。

ジャネット・ラユグ選手のInstagram
https://www.instagram.com/janetlayug/

Instagramでさらけ出している生活


―トレーニングのモチベーションを保つために行っていることはありますか?

Instagramのストーリーを上げることです。「朝、行くよ」というところから「トレーニングしているところ」など毎日更新しています。誰かに見られていると思うと雑なトレーニングはできない。「誰かのモチベーションになっている」と思ってやることが、私のモチベーションです。

―トレーニングをやってきて大きなケガやオーバートレーニングの経験はありますか?

ないです。酔っぱらって足を挫いたぐらいです(笑)。ぎっくり腰になったとか肉離れしたとか筋肉が断裂したとかは一切ないかな。「ちょっと無理はするけど、すごい無理はしない、だけどしっかりやる」と決めてやっているので。ケガをしたら結局トレーニングできなくなって、それこそが自分のモチベーションが下がってしまうので。

誰かとやると無理しちゃう場合もあるけど、私は"私軸"でやっているので、誰かと比べたりしない。自分のなかでできる最高のパフォーマンスをそのときにするだけ。

\「オーバートレーニング」って何?/


―ということは、トレーニングは一人で行うことが多いですか?

そうですね、だいたい一人。たまに誰かと一緒にやることはありますが、私のトレーニングはキツいからみんな嫌がる(笑)。イヤ~なやり方をするから。

―嫌なやり方と言いますと?

ゆっくりなテンポでやるとか。あと私は結構インターバルが短いんですよ、集中してやりたいから2時間とか3時間とか筋トレすることができなくて。だいたいいつも「仕事前の1時間」と決めてやっているから。インターバルをみんなが2分3分と取るところを、私は1分ぐらいでやるんですよ。

 

マインドを変えてくれた筋トレ

―トレーニングはMAMIさんの人生にいい影響を与えてくれましたか?

そもそもトレーニングを始めたきっかけが「モテたいから」というのは......私は離婚をしているんですね。シングルマザーになって今年で10年目。元・旦那さんといたときって「細くなきゃいけない」というような"他の人のマインド"を埋め込まれていたんですよ。「この人の横にいるならこうあるべきだ」と思っていたんです。

だけど離婚をして、子どもたちを育ててきて「"自分"ってあってもいいんじゃないか?」と。「自分がどうなりたいか」「自分はほんとうは何が好きなのか」って考えたときに、私は海外のブラック(黒人)の女の子たちの体がすごく好きだしセクシーだなって思って「こうなりたい」と思ってトレーニングを始めました。

理想とする「ブラックの女の子」に近づいてみて、今の自分がすごく好きなんですよ。自分自身のマインドがすごく変わったことで、私が自分を好きだから子どもたちも楽しいし、まわりの人にモチベーションを与えることができているので、それが自分のなかでは変わった大きな点。

1日1日を生きていて、今日の自分が一番好きです。最新の自分が一番かわいいし、一番かっこいいし、一番セクシー。それが毎日アップデートされて、いつも"超いい自分"でいられる。だから最近めっちゃ「かわいい」って言われます(笑)。

すごく自意識過剰だけど(笑)。でも自己肯定感を上げるのってすごく大事で。低い人たちがみんな筋トレしてくれたらいいなと思います。

自己肯定感、「低いとダメで、高めるべき」なのか【心理専門家が回答】

筋肉は裏切らない


―トレーニングを始めてみたいと思っている人に一言!

トレーニングを始めるきっかけっていろいろあると思うんですよ。「体力向上」とか「腰痛予防」とか。一番言いたいのは「筋肉は裏切らない」ということ。筋肉をつけると生活が楽になるし、どんどんいい方に向かっていくので。トレーニングを始めてみたり、ジムに行ってみたりと一歩ずつ進めていくと、自己肯定感が爆上がりです!

プロフィール

MAMI

パーソナルトレーナー。FMパーソナリティも務めるシンママ。現在、南麻布の会員制パーソナルトレーニングジム『ジャングルGYM』トレーナー。
CJBBF BIKINI competitor
CJBBF BIKINI SECOND PLACE
BODYART TRAINING JAPAN レベル2インストラクター

インスタグラム https://www.instagram.com/mamifitgram/

ジャングルGYM
公式サイト https://junglegym.tokyo/

撮影協力 
完全個室パーソナルトレーニングジム BODY CUSTOMIZE STUDIO Re:
公式サイト https://rebcs.jp/

\インタビューを動画で見たい人はこちら/

\MAMIさんと一緒にHIIT/

<TEXT・PHOTO:編集部>