• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

体幹トレーニング器具“スライドディスク”を使ったエクササイズ6種目

 体幹部を“固める”のではなく“動かす”ことにより、より大きな効果が期待できる「スライド・コア・トレーニング」。特に競技力向上を目的とする場合、ぜひ取り入れたいトレーニング方法です。その内容については、過去の記事でご紹介しました。

関連記事:体幹トレーニングをもっと効果的に!「スライドコアトレーニング」のやり方

 ここではこの「スライド・コア・トレーニング」について、6つの具体的なトレーニング方法を動画で解説します。

1.マウンテンクライマー

 「マウンテンクライマー」と呼ばれるトレーニングです。両手を地面に着けた状態で、頭から足までが直線上に位置するよう姿勢を作りましょう。そのまま、左右の足を交互に上半身側へ引きつけます。このとき、膝が開いたり内側に入らないように注意してください。

2.ヒップリフトの応用

 「ヒップリフト」を応用したトレーニングです。仰向けの状態からお尻を上げるとともに、膝を曲げながら足も引き寄せてください。手は上体の横で伸ばします。膝が90度程度、肩から膝が直線になる位置まで上げます。

3.マウンテンクライマーの応用

 マウンテンクライマーと同じく、両手を地面に着けた状態で、頭から足までが直線上に位置するよう姿勢を作りましょう。そこから、お尻を高く上げていきます。同時に足を上半身側へスライドさせますが、膝が曲がらないように注意してください。お尻を上げる際は、腹筋部で引き上げるようなイメージで行うとより効果的です。

4.プランク

 体幹トレーニングの代表格「プランク」の姿勢を作ります。頭から足まで、直線状に伸ばします。腰が曲がったり、反ったりしないよう注意してください。そのまま足をスライドさせ、膝を上半身側へ引きつけます。

5.四つん這いで腕スライド

 膝を着いて四つん這いになります。膝の角度を広げて上半身を遠くに位置させるほど、負荷が高まるでしょう。腕は伸ばした状態で地面に着け、片腕ずつ横にスライドさせていきます。なお、負荷が軽い場合には、膝をつかずに行ってみてください。

6.片足スライド

 立った状態で行うトレーニングです。片足ずつ「逆足側の斜め後ろ→真後ろ→動かしている足側の斜め後ろ」の3方向にスライドさせましょう。

 その際、膝を曲げて腰を落としますが、左右前後に上体がブレないようキープしてください。膝が前に出過ぎず、お尻が斜め後方に沈んでいくイメージです。

“速さ”より“正しさ”を重視

 スライド・コア・トレーニングを行う場合は、何より“正しく”動くことが大切です。つい素早く動かしがちですが、誤った動作や姿勢では目的とする効果が得られません。ゆっくりで構いませんので、丁寧に行うようにしてください。できれば鏡に向かって、動作や姿勢をチェックしながら取り組むとよいでしょう。

[筆者プロフィール]
三河賢文(みかわ・まさふみ
“走る”フリーライターとして、スポーツ分野を中心とした取材・執筆・編集を実施。自身もマラソンやトライアスロン競技に取り組むほか、学生時代の競技経験を活かし、中学校の陸上部で技術指導も担う。また、ランニングクラブ&レッスンサービス『WILD MOVE』を主宰し、子ども向けの運動教室やランナー向けのパーソナルトレーニングなども行っている。4児の子持ち。ナレッジ・リンクス(株)代表。
【HP】https://www.run-writer.com

<Text & Photo:三河賢文>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -