• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

ジムの有酸素運動マシン、どんな種類がある?それぞれの特徴とメリット・デメリットを解説 (2/2)

クロストレーナー

クロストレーナーの特徴とメリット

 足をステップの上にのせて、円を描くように動かす有酸素マシンが「クロストレーナー」です。上半身はバーを握って腕を振る動作も行えるため、全身を使うことができて運動量も多くなります。

 トレッドミルとの違いは、地面に着地する際の衝撃がないこと。地面からの衝撃を受けないので、関節に対して少ない負担で行うことが可能です。また、上半身のバーを力強く意識して動かせば、トレッドミルよりも上半身を鍛える効果があるといえます。

クロストレーナーのデメリット

 ただし、トレッドミルのように台数を多く設置しているジムは少ないでしょう。そのため順番待ちが発生したり、動きに慣れていないと使いにくさを感じたりして、敬遠してしまう人もいるかもしれません。ただし効果は高いので、空いていたら積極的に活用してみましょう。

ステップマシン

ステップマシンの特徴とメリット

 「ステップマシン」は、階段の上りのようにカラダを動かすマシンです。お尻周りや足の筋肉へ刺激を与えられるうえ、運動量も多くエネルギー消費量が大きいマシンとなっています。

 ステップマシンに似た有酸素マシンに、「ステアクライマー」もあります。これはステップのように上下へ動くのではなく、マシンにエスカレーターのような段差がついており、本当に階段を上るように動くマシンです。設置台数が少ないのが残念ですが、効果は高いので見かけたら活用してみてください。

ステップマシンのデメリット

 ステップを踏む動作に慣れていないと、使いにくさを感じることがあるでしょう。

どのマシンを使うかより、継続が大事

 有酸素運動マシンは、消費カロリーの確認や心拍数の管理が容易なうえ、負荷設定を簡単に変えられるという点で便利です。ただし、どのマシンが効果的かという点で選ぶ必要はありません。効果的でも、長続きしなければ意味がないからです。自分に合った有酸素マシンを使って、運動を習慣づけることが重要です。

[筆者プロフィール]
和田拓巳(わだ・たくみ)
プロスポーツトレーナー歴16年。プロアスリートやアーティスト、オリンピック候補選手などのトレーニング指導やコンディショニング管理を担当。治療院での治療サポートの経験もあり、ケガの知識も豊富でリハビリ指導も行っている。​医療系・スポーツ系専門学校での講師のほか、健康・スポーツ・トレーニングに関する講演会・講習会の講師を務めること多数。テレビや雑誌においても出演・トレーニング監修を行う。現在、さまざまなメディアで多くの執筆・監修を行い、健康・フィットネスに関する情報を発信している。日本トレーニング指導者協会(JATI-ATI)の認定トレーニング指導者
【公式サイト】https://wada0129.wixsite.com/takumiwada
【公式Facebook】https://www.facebook.com/pt.wada/

<Text:和田拓巳/Photo:Getty Images>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series