• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • トレーニング
  • アップル、フィットネスサブスクサービス「Apple Fitness+」発表。月額9.99ドル、米国などで年内スタート

アップル、フィットネスサブスクサービス「Apple Fitness+」発表。月額9.99ドル、米国などで年内スタート

 米アップルは、現地時間15日にスペシャルイベントを開催。フィットネスのサブスクリプションサービス「Apple Fitness+」を発表しました。

専属トレーナーが多彩なワークアウトを定額提供

 コロナ禍にあって、自宅などでできるワークアウトが世界的に注目を集めていますが、同市場にアップルも参入しました。

 「Apple Fitness+」は、月額9.99ドル、年額79.99ドルを支払えば、アップル専属トレーナーが提供するワークアウト動画を無制限に視聴できる新サービスです。

 ユーザーは、ヨガや自転車、高強度のインターバルトレーニング(HIIT)、ウォーキングやランニング、筋力トレーニング、体幹トレーニングの動画を、いつでも、どこからでも、iPhoneやiPad、Apple TVの専用アプリから視聴可能です。

 ワークアウト中の心拍数や消費カロリー、ペースをはじめとした健康データは、ユーザーのApple Watchを介して計測され、Apple IDを連携することで、フィットネス視聴画面にも表示されます。ユーザーは、リアルタイムでウェルネスデータをチェックできるので、達成感も感じながら、トレーニングに励めるというワケです。

 さらに、配信される動画もフレッシュ。アップルの専属トレーナー、それも各部門の“トップレベル”が、毎週スタジオから撮影して更新してくれるとのことで、その内容にも期待です。

 なお、Apple Fitness+は年内にオーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、イギリス、米国で提供予定。日本での展開は明かされていませんが、早期登場に期待が高まりますね。

<Text:辻村》

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新