• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

疲れているときも筋トレをしたほうがいい?休むべき?トレーナーが解説

 自己流のトレーニングダイエットでは、なかなか効果を実感できないという人も多いのでは。そんなトレーニーたちの悩みや疑問をピックアップし、専門家にぶつける本企画。

 今回は、東京・代官山にある統合型トレーニングソリューション「FLUX CONDITIONINGS(フラックスコンディショニングス)」のトレーナーが解説します。

Q.仕事疲れでクタクタな日が多く、ジムに行く体力が残りません。疲れているときも、頑張って筋トレしたほうがいいですか?また休むべき基準があれば教えてください。

A.迷っているならやった方がいいです。

 たしかに筋トレはきついですし、疲れているときはなおさら億劫になりますが、そこでやめてしまうと、求める結果は絶対に得られません。そういう時は思いきって、とりあえずジムに行ってみましょう。筋トレをして後悔することはありませんが、やらずに後悔することはよくあります。

 ただ、一気に全身のトレーニングを行うのが難しいのであれば、身体の部位ごとに分けてトレーニングを行うのもオススメです。逆に、筋トレのやりすぎで『オーバーワーク』になることもあります。そうなると、疲労が蓄積され、やる気がなくなり、十分なパフォーマンスが発揮できずに怪我をしてしまう可能性があります。そういった場合はしっかり栄養補給して休みましょう。

 休養も筋トレの一部ですので、自分に合った方法で行なってみてください。

関連記事:練習や筋トレのしすぎで起きる「オーバートレーニング症候群」とは。原因・症状・予防法を解説

[プロフィール]
三田颯野(ミタ・ソウヤ)
FLUX CONDITIONINGS代官山店所属のトレーナー。得意分野はボディメイク。

記事協力
・FLUX CONDITIONINGS
・公式サイト https://www.flux-conditionings.com/

<Text:編集部/Photo:Getty Images>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -