• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • トレーニング
  • 内ももを引き締める筋トレ「アイソメトリクスレッグアダクション」の正しいやり方

内ももを引き締める筋トレ「アイソメトリクスレッグアダクション」の正しいやり方

 内転筋を鍛える筋トレ「アイソメトリクスレッグアダクション」。普段の生活で使われる機会が少ない内ももの筋肉を引き締めるトレーニングです。アイソメトリクスは日本語で「等尺性筋収縮」と訳され、筋肉の長さが変わらずに力を発揮する筋肉の収縮形態のひとつです。

 ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さん監修のもと、MELOS公認トレーナー坂本翔がアイソメトリクスレッグアダクションの正しいやり方・フォームを動画で解説します。

 今回は、左右 各10秒×5回を3セット実践しています。動画を見ながら、ぜひ実践してみてください。

アイソメトリクスレッグアダクションの正しいやり方

\動画で動きをチェック/

1. 横向きに寝そべり肘をつく
2. 手で頭を支えて上の足は腰前にセット。手で足首を掴む
3. 下にある足を上に上げてキープする

実施回数

左右 各10秒×5回を3セット

ポイント

・足上げキープ中は体がブレないように
・上げている足の膝は正面を向ける
・体は浮かないように
・内転筋を意識する

鍛えられる筋肉(場所)

・内転筋 etc…

この動画を見てくれた方におすすめの動画&記事

動画

内転筋(太ももの内側)を鍛える筋トレ「レッグオープン」の正しいやり方【リングフィット攻略(アシパカパカ)】

記事

内ももの筋肉「内転筋」を鍛える筋トレ│器具なし!自宅トレーニング

公式YouTubeチャンネルでフィットネス動画配信中!

MELOS編集部では、トレーニング動画を公式YouTubeチャンネルで配信中です。
今後もコンテンツをどんどん公開していきますので、ぜひチャンネル登録をお願いします!

▼チャンネル登録はこちら
>>MELOS公式YouTubeチャンネルページ<<

[監修・トレーニング指導]
鳥光健仁(とりみつ・たけのり)
ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナー。1991年生まれ、千葉県出身。現役選手としてトレーニングを続けながら指導者としても活動をし、選手として学んできた知識とマネージャーとしての経験をもとに個人に合ったトレーニング方法を組み立てるフィットネスランニングトレーナーとして活躍中。トレーニング方法だけでなく、シューズアドバイザー、食事サポートなどもこなし、「ランニング」の楽しさや「トレーニング」の楽しさを広められるように全国各地で活動。出張パーソナルトレーナー、SUUNTO 5 アンバサダー、VX4アドバイザリー、アクティブエイジ・ダイエット指導士、(株)ブーストパートナー契約。
【ランナー実績】ハーフマラソン:1時間09分58秒、フルマラソン:2時間40分、ホノルルハーフマラソン・ハパルア 男性20~24歳部門 第3位 (2016年)
【サポート、メディア出演】宮古サーモン・ハーフマラソン ゲストランナー(2017年~)、JALホノルルマラソン 女優・高梨臨さんのサポート、HONOLULU EKIDEN&MUSIC アイドル・私立恵比寿中学のサポート、HONOLULU EKIDEN&MUSIC モデル・中林 和美さんのサポート、テレビ東京ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』ランニング監修、日東書院「篠塚和典が教える広角打法」トレーニング監修、「ランニングマガジン・クリール」ランニング・トレーニング・シューズ監修

[出演トレーナープロフィール]
坂本翔(さかもと・しょう)
MELOS公認トレーナー。和歌山県日高郡印南町出身、1992年生まれ。天理大学体育学部体育学部卒。中学から大学までの10年間陸上競技部に在籍する。大学では短距離パート長とし、自らメニューを考案する。自分のベスト記録の更新はもちろん、短距離パート部員のベスト記録も更新させる。現在はフルマラソンに挑戦中。在学中は小学生を対象としたかけっこ指導や、ボランティアでカンボジアでも子ども達にかけっこ指導を行なう。卒業後は大手スポーツ小売の株式会社アルペンに勤務。同期入社社員のなかで最速での本社異動となる。現在は、EPARKスポーツ( https://ow.ly/dzI230r9USG )認定トレーナーとして活躍中。子ども達と一緒に”楽しく”走るためにどんな工夫をすべきか常に探求している。

<Text:MELOS編集部>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新