• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • トレーニング
  • ラストアイドル奥村優希「バスケで大怪我を経験したことで忍耐力が身についた」(後編)│アイドルと、スポーツと、青春と。#33

ラストアイドル奥村優希「バスケで大怪我を経験したことで忍耐力が身についた」(後編)│アイドルと、スポーツと、青春と。#33 (2/2)

はじめて経験したレギュラー争い

――復帰後はレギュラーに返り咲いたんですか?

なんとかベンチ入りして、シックスマン(ベンチメンバーの中で、まず最初に試合に出る重要な役割)として試合に出れるようになりました。

――ポジション争いが過酷な強豪校で、大怪我から復帰して活躍するのはとても難しいことですよね。

そうですね。でも、リハビリ中に死ぬほど筋トレをしていたから、体力的についていけないことはなかったです。難しかったのは、すでに完成しているチームに溶け込むことでした。しっかりコミュニケーションを取ってチームの絆を崩さないように気をつけながら、信頼を築いていきました。

――高校時代の成績はどうだったんですか?

ここでも県大会でベスト8止まりでした。高校最後の試合だったんですけど、すごく強い高校と当たってボロ負けだった気がします。泣きましたね。でも、悔しくて泣いたわけではなくて。高校卒業後は就職すると決めてたので、「自分のバスケ人生はこれで終わりなんだ」と思うと泣けてきた感じでした。

――高校卒業してからバスケをやる機会はありますか?

やりたい気持ちはあるんですけど、仲間がいないんですよね……。ただ、試合を観に行くことはちょこちょこあります。高校時代の後輩に千葉ジェッツの富樫勇樹選手の妹がいたので、富樫さんが秋田ノーザンハピネッツに所属していたとき、一緒に観に行きました。あとは、ラストアイドルとして川崎ブレイブサンダースの会場でパフォーマンスすることもあるので、少しずつ選手も覚えていて。地元の新潟にもアルビレックスがあるので、機会があれば試合を観に行きたいと思ってます。

――今後、やってみたい仕事はありますか?

まずは、バスケを含めスポーツのリポーターをやってみたいです。いつか、馬瓜エブリンさんの取材をして、「私、一緒に試合したことあるんです」と伝えたいですね(笑)。他には、もともとマラソンが得意なのでいつか挑戦してみたいし、最近はお芝居にも興味を持ちはじめました。バスケの試合やライブと同じように、お客さんの前で何かをやるのが楽しいので、特に舞台のお仕事をやってみたいです。

――最新シングルでは殺陣にも挑戦していましたよね。

はい。もともと演技することに恥ずかしさを感じていたんですけど、殺陣を経験したことで“役に入り込む”感覚が楽しいと思えるようになりました。バスケの試合でアドレナリンが出る感覚と近いので、アクションやお芝居もこれからもっと挑戦していきたいです。

――『ラストアイドル』を放送しているテレビ朝日では、仮面ライダーや戦隊モノといったアクション作品がありますね。

身体能力には自信があるので、爆発を背景にジャンプとかしてみたいですね!

[プロフィール]
奥村優希(おくむら・ゆうき)/ラストアイドル
1995年10月6日、新潟県生まれ。小中高と9年間バスケットボールを続け、卒業後は新潟市の百貨店に勤務。2018年にオーディションバトル番組『ラストアイドル』(テレビ朝日系)に挑戦し、2期生アンダーとしてグループに加入した。2020年には8thシングル『愛を知る』、9thシングル『何人も』で選抜入り。特技は中高で県ベスト8まで進んだバスケットボールと、百貨店の販売員時代に磨いたコミュニケーション能力。
【公式Twitter】@yuuki_LI2U
【公式Instagram】@_yu_1006/

<Text:森祐介/Edit:村上広大/Photo:後藤巧>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新