• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【下半身引き締め】1分間筋トレ「スロースクワット」

 今回は、定番の筋トレ「スクワット」の応用、「スロースクワット」をご紹介。ゆっくり筋肉を動かして、下半身に負荷をかけていきます。1分で終わりますので、時間が空いたらサッとやってみてください。集中して取り組んで、太ももとお尻を引き締めていきましょう。筋トレ初心者の方も、ぜひチャレンジしてください。

 今回、ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナーとして活躍する鳥光健仁さん監修のもと、トライアスロンや自転車競技などで活躍しているMIHOさんが、正しいやり方・フォームを動画で解説します。

 紹介しているのは、5回×1セットのトレーニングです。動画を見ながら、ぜひ実践してみてください。

\動画で動きをチェック/

スロースクワットの正しいやり方

1. 脚を肩幅にやや広めに少し外に開く

2. 胸の前で腕を組む

3. 膝がつま先よりも前に出ないように、お尻を引いていく

4. 5秒かけて、太ももと床が平行になるぐらいまで、膝をゆっくりと曲げていく

5. 5秒かけながら、約40度の角度まで膝を伸ばす

実施回数

5回×1セット

ポイント

・下げる時は膝と床が平行になるまで、戻す時は膝がまっすぐになる手前まで

鍛えられる筋肉(場所)

・大腿四頭筋
・ハムストリング
・大臀筋
・腓腹筋
・ヒラメ筋 etc…

スクワットとは

 フィットネス器具がなくても、手軽に家でできる人気の自重トレーニングです。下半身の大きな筋肉を鍛えるため、代謝が上がる、痩せるといったダイエット効果も期待できるとして、筋トレ初心者や女性にもおすすめ。おもにお尻(大臀筋)と太ももの前側(大腿四頭筋)、太ももの裏(ハムストリングス)、ふくらはぎ(ひふく筋・ヒラメ筋)、背中(脊柱起立筋)を鍛えることができます。今回の「スロースクワット」は、この「スクワット」の応用です。

トレーニングに役立つ!おすすめ筋トレグッズ

この動画を見てくれた方にオススメの動画&記事

動画

スクワットで膝が痛い?正しいフォームを徹底解説

【超初心者向け】壁スクワットの正しいやり方

記事

筋トレ初心者がやりがち。「スクワット」の効果が出ない“NG”なやり方

【スクワットの効果&やり方】種類・正しいフォーム・回数

\もう一度動画でおさらい/

[監修・トレーニング指導]
鳥光健仁(とりみつ・たけのり)
ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナー。千葉県出身、1991年生まれ。

[出演者プロフィール]
MIHO/トライアスロン、トレイルランニング、マラソン、スパルタンレース、筋トレなどが大好きなガチの“市民アスリート”。日本初のe-sports BIKEのプロチーム「ONELAP ANGEL」のメンバーとしても活動。フルマラソン自己ベストは3時間13分20秒(ネットタイム/2019年さいたま国際マラソン)。1児の母。
【公式Instagramアカウント】https://www.instagram.com/mip0000/

<Text:MELOS編集部>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -