• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

飲み会太り解消! 食べすぎて「太ったかも」と思ったときに試したいダイエットの食事法7つ (1/3)

 飲み会が続くと糖質・脂質過多になりやすいですよね。お酒の席や外食ばかりでおいしいものを食べる機会が多いと、翌日には体重が増えていた……なんてことも。一刻も早く痩せたい! と焦っている人は、これから紹介する食事ポイントを意識してみてください。

1.まずは食事バランスに戻すことから始めよう

 糖質制限や「〇〇オフダイエット」「〇〇食材だけで過ごす」など、さまざまな食事制限の方法がありますが、まずは乱れた食生活をもとに戻すことから始めてみませんか? 短期間の暴飲暴食で増えた体重は、そのほとんどが食べたものの量や水分であることが多いので、食生活を整えるだけで体重はストンと落ち、元の体型に戻ることもあります。普段の食事を思い出し、三大栄養素の「P=たんぱく質」「F=脂肪」「C=炭水化物」のバランスをチェックしてみましょう。足りないもの、摂取過多のものはありませんか?

記事を読む:ダイエット中の食事は「PFCバランス」を意識!たんぱく質・脂質・炭水化物の量を見直すポイント

2.太りにくい食生活のカギは、血糖値コントロール

 ここ最近で一気に知名度が上がった「GI値」という単語。「グリセミック・インデックス」の略語で、その食材を食べたとき、どのくらい血糖値を上昇させるかを示した指標です。血糖値を急に上げると、それを下げるためにインスリンというホルモンが分泌されます。このインスリンは細胞に栄養を運ぶ大事な役割を持っているのですが、同時に脂肪を蓄える働きも持つため、一気に分泌させないようにしたいもの。そこで、インスリンの分泌を穏やかにする「血糖値を急激に上げない食材(低GI食材)」が注目されています。

記事を読む:ダイエット中の食事で意識したい「GI値」とは? 効果・食品のGI値一覧・食べ方のコツ

次ページ:実は「こまめに食べる」のもひとつの手

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード