• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

「夜は炭水化物を食べないほうが痩せる」ってホント?│管理栄養士の食トレ学

 トレーニングやダイエットに欠かせない「食事」。多くのトレーニーが抱えている栄養・食生活のギモンについて、ボディメイクを食事面からサポートする「Muscle Deli(マッスルデリ)」の管理栄養士・調理師の大石三紗さんが解説します。今回は“炭水化物”をテーマに、夕食は炭水化物抜きにしたほうがダイエットに効果的なのか尋ねてみました。

マッスルデリ

夜は寝るだけなので、お米やパン、麺類などの炭水化物は抜いた方がダイエットに効果的だというのは本当でしょうか?もし食べるとしたら、気をつけるべきポイントを教えてください。

炭水化物は控えめにしつつバランスよく食べ、夕食は寝る3時間前までに終わらせるのがベスト。

「夕食の後は寝るだけで、活動量も日中に比べて少ないため、消費できるエネルギー量も少なくなってしまいます。メニュー内容を気にせず夜ごはんを食べると高カロリーにもなりがちですので、炭水化物は減らした方がダイエットに効果的なのはたしかです。

だからといって、極端に炭水化物を抜くのもよくありません。一時的に体重は落ちやすいですが、長くは続かないでしょう。日中食べ過ぎた場合に夜を控えて調整するのはいいと思いますが、長い目で着実にカラダづくりをするなら、食べる順番、選び方、時間のポイントなどに注意しつつ、炭水化物を適度にとりながらコントロールしましょう。

ごはんやパンは食事の最後に軽めにとり、そのぶん最初に葉もの野菜をしっかり食べると、低カロリーで満足感のある食事になりやすいでしょう。主食を選ぶなら、玄米、ライ麦パン、十割または二八そばなど精製されていないもの、糖質カットパスタなどを活用するのがおすすめです。

また、夜ごはんは就寝する時間から逆算して、3時間以上あけるのがベスト。これらを意識すると糖質の吸収が緩やかになり、脂肪の蓄積の抑制に繋がります」(大石さん)

[プロフィール]
大石三紗(おおいし・みさ)
株式会社Muscle Deli管理栄養士、調理師。RIZAP株式会社でカウンセラーとして累計1500人以上のカウンセリングや食事指導を通じボディメイクをサポート。指導だけでなく実践できる食事管理の重要性を感じ、Muscle Deliに入社し、商品開発や食事指導をおこなう。学生時代には料理ブログでエリア人気No.1を獲得。

関連記事:
トレーニングを頑張るあなたの味方に!高タンパク&低脂質の弁当サービス「マッスルデリ」とは?
実食レポ:筋トレ&ダイエットの食事管理に。“たんぱく質マシマシ”の弁当「Muscle Deli(マッスルデリ)」

記事協力
・株式会社Muscle Deli https://muscledeli.co.jp/

マッスルデリ<Text:編集部/Photo:Getty Images>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード