• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 糖質、糖類、炭水化物…どう違う?「糖質制限」と「低炭水化物ダイエット」は?

糖質、糖類、炭水化物…どう違う?「糖質制限」と「低炭水化物ダイエット」は? (2/2)

低炭水化物ダイエットと糖質制限の違い

 ダイエット方法のひとつに「低炭水化物ダイエット」と「糖質制限」があります。炭水化物糖質の違いを知らなければ、同じものだと勘違いしやすいかもしれません。先述の通り炭水化物糖質は異なるものですが、実際にはほとんど同じ扱いとして取り組まれているのが現状です。

エネルギー源の摂取を抑えるためには、炭水化物ではなく糖質を制限する必要があります。なぜなら炭水化物に含まれる食物繊維は、エネルギーとしては使われず体調を整えるために必要なものだからです。そのため、糖質制限のために炭水化物を一切摂取しなくなってしまうと、食物繊維が不足して腸内環境の悪化などに繋がるのです。

食品の栄養成分表示をチェックしよう

 炭水化物は控えるにしても、食物繊維はできるだけ摂取したいところ。その場合は、食品の栄養成分表示をチェックしてみましょう。栄養成分表示を見てみると、以下のようにそれぞれの量が細かく記載されていることが多いのです。

―――――――――――――――

炭水化物  ○○g
糖質   ○○g
-糖類   ○○g
-食物繊維 ○○g

―――――――――――――――

 炭水化物量が多くても、食物繊維が豊富なのであれば、糖質をそれほど気にすることなく食べることができます。できるだけ糖質を抑えたいというときは、炭水化物の量ではなく、糖質の表示部分をチェックしてみるとよいでしょう。

糖質ゼロと糖類ゼロって違うの?

 食品や飲料に「糖類ゼロ」「糖質ゼロ」と書かれているものもあります。この2つはどのような違いがあるのでしょうか。ここまでの内容で理解されている方が多いかもしれませんが、具体的には以下のような分類になります。

✓ 糖類ゼロ=糖類である単糖類(ブドウ糖、果糖など)と二糖類(砂糖など)が入っていない
糖質ゼロ=糖質である単糖類(ブドウ糖、果糖など)と二糖類(砂糖など)、多糖質、糖アルコールなどが入っていない

 糖類ゼロの場合は、多糖類や糖アルコールなどが含まれています。そのため、ストイックに糖質制限したいという人は、糖類ゼロよりも糖質ゼロを選んだほうが良いということになるわけです。

 改めて確認すると、言葉やイメージだけが先行したまま糖質制限を行っていた方は多いかもしれません。食事はカラダづくりの基本。栄養素をしっかり理解することは、ボディメイク成功のカギを握るものです。食事管理を行う際は、しっかり栄養素について学んでから取り組むようにしましょう。

[著者プロフィール]
和田拓巳(わだ・たくみ)
プロスポーツトレーナー歴16年。プロアスリートやアーティスト、オリンピック候補選手などのトレーニング指導やコンディショニング管理を担当。治療院での治療サポートの経験もあり、ケガの知識も豊富でリハビリ指導も行っている。​医療系・スポーツ系専門学校での講師や、健康・スポーツ・トレーニングに関する講演会・講習会の講師を務めること多数。テレビや雑誌においても出演・トレーニング監修を行う。運営協力メディア「#トレラブ(https://tr-lv.com/)」などで多くの執筆・監修を行い、健康・フィットネスに関する情報を発信している。日本トレーニング指導者協会 JATI-ATI
・公式HPはこちら
・公式Facebookはこちら

<Text:和田拓巳/Photo:Getty Images>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -