• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 糖質、糖類、炭水化物…どう違う?「糖質制限」と「低炭水化物ダイエット」は?

糖質、糖類、炭水化物…どう違う?「糖質制限」と「低炭水化物ダイエット」は? (1/2)

 ダイエットやボディメイクなどカラダづくりに取り組んでいると、「糖質制限している」「夜は炭水化物を少なくしたほうがいい」などという話を耳にするかもしれません。糖質や炭水化物を制限すると体重が落ちやすくなることは、大手のボディメイク専門パーソナルトレーニングジムなどが大々的に宣伝したことで、一般にも幅広く知れ渡るようになりました。

 しかし、ここで疑問点がひとつ。「糖質」と「炭水化物」はなにが違うのか。また、「糖質」と「糖類」の違いや、「糖類ゼロ」「糖質ゼロ」の区別など、知っているようで知らない人は多いかもしれません。

 今回は初心者のために、「糖」について少し踏み込みながら解説します。

炭水化物と糖質の違いとは

 まずは、炭水化物と糖質の違いについて。簡単にまとめると、炭水化物>糖質>糖類という順で小さく分類されることになります。

炭水化物

 炭水化物は、たんぱく質・脂質と合わせて3大栄養素と言われます。多くの方はご存じの通り、お米やパン、麺類などが炭水化物に分類され、カラダのエネルギーとして使われる栄養素です。食品に記載されている栄養成分表示には、エネルギーやたんぱく質、脂質とともに炭水化物量が記載されています。

糖質

 もしかしたら、「炭水化物」=「糖質」と思っている人がいるかもしれません。しかし、正確には炭水化物と糖質は異なります。糖質とは、「炭水化物」の中から「食物繊維」の分を取り除いたもの。つまり、糖質は炭水化物の一部ということになります。このことから、糖質制限と炭水化物制限では内容が異なることが分かるでしょう。

 糖質にはでんぷん、糖アルコール、オリゴ糖などがあります。そして炭水化物のエネルギー源は、この糖質が担っているのです。

糖類

 炭水化物と糖質のほかに、「糖類」というものもあります。糖質と糖類はどう違うのでしょうか。

 糖類は、糖質から多糖類・糖アルコールを除いたものと分類されます。「糖質」は糖類や多糖類(米や小麦、イモ類に含まれるデンプン)、糖アルコール(天然の甘味料キシリトールなど)などをまとめたもの。そして「糖類」は糖質の一部で、糖質から多糖類・糖アルコールなどを除いたものと言えます。

 さらに糖類は、単糖類(ブドウ糖、果糖など)と二糖類(砂糖など)に分けられます。

次のページ:低炭水化物ダイエットと糖質制限の違い

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新