• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 40代のダイエット、なぜ難しい?歳をとると太りやすくなる原因と対策

40代のダイエット、なぜ難しい?歳をとると太りやすくなる原因と対策 (1/2)

 40代になり、以前よりも太りやすくなったと感じていませんか? 太りやすい原因には、基礎代謝の低下や、食事内容、不規則な生活、運動不足、ホルモンバランスの変化などが挙げられます。しかし、しっかりと対策をすれば、40代でも美しい体型を維持することが可能です。

 40代になると、体にどのような変化が出るのでしょうか。また、その原因や対策とは。

40代が太りやすい理由

基礎代謝の低下

 40代になると、運動量や筋肉量の減少、ホルモン分泌が少なくなるなど、若いころに比べてさまざまな変化が現れはじめます。なかでも、基礎代謝の低下は、痩せにくく太りやすい体質の原因となります。

基礎代謝とは

 基礎代謝とは、人間が生きていくために最低限必要なエネルギーのことです。このエネルギーは体温の維持や、筋肉や臓器の活動などに用いられます。

女性はいつ頃から基礎代謝が低下する?

 厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準(2005年版)について」によると、女性の基礎代謝は、12〜14歳頃に1日約1410kcalとピークを迎え、そこからはゆるやかに低下していきます。

 40代女性の平均基礎代謝量は、約1160kcalです。加齢とともに基礎代謝は低下するため、代謝が低下しないよう維持する努力が必要となります。

 また、40代女性の1日あたりの推定エネルギー必要量は、活動レベルに合わせて、低い人は1750kcal、普通の人は2050kcal、高い人は2350kcalとなります。

 基礎代謝と摂取カロリー、消費カロリーを考慮した生活習慣が大切です。

ホルモンバランスの変化

 女性は40代にさしかかるにつれて、女性ホルモンである「エストロゲン」の分泌量が低下します。エストロゲンは筋肉量の増減にも関係しており、加齢にともない分泌量が少なくなることで筋肉量が減り、基礎代謝も低下していきます。

 また、もうひとつ女性ホルモンである「プロゲステロン」の減少もはじまります。プロゲステロンは、エストロゲンと協働して更年期の不調を和らげる一方、脂質代謝にも関わっていると考えられています。

 これらのホルモンバランスの変化は、40代女性が太りやすい要因のひとつといえます。

40代女性の体型変化にはこんな傾向が

 女性は、月経が始まり閉経するまで、一生を通してホルモンの分泌量に変化があります。それにともない、体型も変わります。思春期は女性ホルモンが増えて胸がふくらみ、ウエストがくびれた体型になります。しかし、年齢を重ねるにつれて次第に皮下脂肪が増え、脂肪が垂れ下がってくるのです。

脂肪のつく部位が変わる

 女性だけでなく、男性も年齢とともに男性ホルモンが減少します。その結果、メタボリック体型になりやすく、お腹まわりに脂肪がつきやすくなります。

 お腹まわりの脂肪の蓄積は、男女共通の悩みです。しかし、女性は腹部だけでなく、胸やお尻の形も崩れはじめ、どんどん垂れ下がってしまいます。さらに、胸やお尻のサイズも大きくなり、くびれもなくなってくるのです。

 体型が変化すると、腰や下腹部のぜい肉が増えてきます。皮下脂肪がつきやすいうえに垂れ下がってくるため、いわゆる「おばさん体型」になるのです。また、内臓脂肪もつきやすくなるため、さらに痩せにくい体になります。

 若いころは華奢に見えていた上半身の肩や腕、腹部などにも脂肪がつくため、全体的に丸い見た目になるでしょう。

 では、運動不足ぎみの40代におすすめの運動とは。

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -