• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

子どもの脳の発達を促す「ビジョントレーニング」のやり方 (1/2)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 「ビジョントレーニング」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。東京大学の学生の多くが幼児期に行っていたという七田式教育にも通じる効果があり、脳や神経の発達を促すことが可能です。

「ゾーン」に入ることができるトレーニング!?

 ビジョントレーニングというと、スポーツで速い球を見極めるために行う動体視力トレーニングというイメージが強いかもしれません。よく野球の強打者は「ボールが止まって見える」などと表現していますが、トレーニングや集中力でそのような高いレベルの状態、いわゆる「ゾーン」に入ることができるようにしています。

 しかしここでお伝えしたいのは、そういったスポーツの特殊な場面だけではありません。普段からそのような「ゾーン」の状態を簡単に導けるようであれば、いわゆる天才が育つのではないかということです。どういうことか、科学的に解説してみましょう。

「インターチェンジ効果」をトレーニングに応用する

 「インターチェンジ効果」というものがあります。この言葉は、おそらく初めて聞く方が多いことでしょう。これは、もともと速読の世界の言葉です。たとえば高速道路をしばらく走っていてから一般道に下りると、いつもより遅く感じてつい車間距離を詰め過ぎてしまったり、イライラすることはないでしょうか。これが、インターチェンジ効果です。速く動くものに目が慣れ、そしてそれを脳で処理し続けるうちに脳の働きが向上している状態となります。このインターチェンジ効果が、子どものトレーニングとして応用できるのです。

 脳は神経の塊。神経は5歳までに20歳時の9割が完成することが、スキャモンの発達曲線により分かっています。この時期に七田式のようなフラッシュカードを用いて目と脳を速いものに慣れさせておくと、それが当たり前となり、短時間でたくさんの処理ができるようになります。

▲スキャモンの発達曲線(グラフは筆者作成)

次ページ:倍速動画を見せればいい?

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード