• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

マラソンをやめた男がマラソン芸人になるまで。モノマネ芸人・萩原拓也のランニング人生(前編) (1/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 2月の東京マラソンで16年ぶりの日本記録(2時間6分11秒)を打ち立てた設楽悠太選手(Honda)のモノマネで人気上昇中の芸人・萩原拓也さん(ポップライン)。実は駅伝強豪校の神奈川大学駅伝部出身という経歴を持ち、10000mの自己ベストは芸能人屈指の29分48秒を誇ります。

 そんな萩原さんは辞めていたマラソンを2017年1月から再開。本格的に走り始め、2018年4月15日の『かすみがうらマラソン』で念願の3時間切り(2時間59分21秒)を達成しました。萩原さん、辞めたのになぜマラソンの世界に戻ってきたんですか?

 前編では、バリバリの陸上ランナーから芸人へ転身した理由、再び走りはじめた経緯についてお話しいただきました。

高校時代は秋田県代表選手

――萩原さんは現在、マラソンの設楽悠太選手のモノマネで市民ランナーや陸上界を中心にブレイク中です。

本当に設楽選手のおかげですね。もともと設楽選手が(東洋大時代)箱根駅伝に出場している時から、陸上仲間からは似ているとは言われていたんです。でも、ここまで反響があるとは思いませんでした。

――萩原さん自身も学生時代は陸上競技に打ち込んでいたそうですが、陸上を始めたのはいつ頃なのでしょうか?

中学からですね。そこの学校(合川中)は当時、秋田県中学駅伝を連覇していた強いチームだったんです。僕は小学校時代までサッカーをやっていたのですが、いきなり試合に出してもらえて、そこで県3位(学年別)になることができました。

その後は秋田経済法科大附属高校(現・明桜高校)へ進学し、そこでは都道府県対抗駅伝や青東駅伝(東日本縦断駅伝/2002年に消滅)の秋田県代表として走っています。

――高校時代のベストはどれくらいだったのでしょうか?

5000mのベストは高2の春に出した15分10秒ですね。

次ページ:「プラウドブルー」に憧れて神奈川大へ

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード