• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

スキー場での迷子や遭難を防止。北海道ニセコで導入された最新の位置情報サービスとは (1/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 ウィンタースポーツが最盛期を迎えています。この年末年始の休暇を利用して、家族あるいは友人らと一緒に雪山まで滑りに行く、という人も多いのではないでしょうか。

 しかしゲレンデのような広大なレジャースポットでは、お互いの居場所を見失いがち。困ったことに、山の上では携帯電話の電波状況が悪いことも考えられます。小さな子どもを連れたファミリーなら、はぐれないか心配になるでしょう。

 もし電波が入らないような場所でも、位置情報がリアルタイムに確認できるサービスがあったなら――。ご存知でしょうか、実は、そんなサービスがすでに登場しているのです。

TREK TRACKとは?

 日本有数のスキーリゾート地として知られる、北海道のニセコでは、位置情報が取得できる小型のデバイス「TREK TRACK」を貸し出すことで、より安全なスキー場の管理・運営を実現しようとしています。デバイスを開発したのは博報堂アイ・スタジオ。同社TREK TRACK推進室 室長の川崎順平氏は「導入されたスキースクールでは、子どもがいま何処を滑っているのか、1分ごとに最新の位置情報が確認できます」と説明します。

▲訪日外国人にも大人気のニセコリゾート。筆者が訪れた際には、巨大ホテルなどの大規模施設が建設中でした

 TREK TRACKでは、半径10kmの人の位置情報をトラッキングできます。専用アンテナを使うので、携帯電話の電波には依存しません。利用者が動くと軌跡が3D MAPにプロットされていき、その様子はリアルタイムでWebブラウザに表示されます。つまり、スマホやタッブレットで適宜、滑っている人の正確な位置をチェックできるわけです。これがあれば、安心してウィンタースポーツを楽しめそうですね。

 現在、ニセコHANAZONOリゾートではスキー教室の生徒に提供しており、キロロリゾートでは一般客にも貸し出し中。いずれも利用期間は12月11日からシーズン終了(来春頃)までを予定しています。川崎氏は「スキー場からは、雪山のパトロールでも使いたい、という声を多く頂いています。今後は、ほかのスキー場にも広げていけたら」と意欲的に話していました。

▲博報堂アイ・スタジオ TREK TRACK推進室室長の川崎順平氏

▲手のひらサイズの「TREK TRACK」。電源ボタン、ロックボタン、緊急ボタンが配置されています。マイナス20度まで耐寒。リチウム電池の充電式で24時間以上稼働します

次ページ:ニセコHANAZONOリゾートの場合

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード