• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • ニュース
  • 【2022】ナイキ、駅伝向けコレクション発売へ。“日本古来の勝利の象徴”からインスピレーション

【2022】ナイキ、駅伝向けコレクション発売へ。“日本古来の勝利の象徴”からインスピレーション

今年もそんな季節かぁと感じる方も多いのではないでしょうか。ナイキは、来る駅伝シーズンに向けて「EKIDEN PACK」コレクションを12月1日(木)よりメンバー限定に発売します。

今年は「メイフライ」とトンボを意味する「あきつ」がポイント

「EKIDEN PACK」コレクションは、レース当日に着用するナイキ史上最速のレーシングフットウェアや、日々のトレーニングで活躍するフットウェア、及びアパレルなどで構成されています。

今回の「EKIDEN PACK」コレクションは、2003年発売の「ナイキ メイフライ」と、日本古来の勝利の象徴でトンボを意味する「あきつ」からインスピレーションを受けているそう。

超軽量のレーシングモデルとして、当時話題になったメイフライを最新のテクノロジーでアップデート。さらに、古来より縁起の良い「勝虫」として、武将たちからも好まれたトンボや、トンボの羽などがデザインに織り込まれています。

まず、シューズはレース本番用のモデルから日々のトレーニング用まで幅広いラインナップ。

「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」と「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト% 2」は、最新イノベーションが詰まったモデルです。

トレーニングなどで着用する「ナイキ ズームフライ 5」、日々の練習にも適した「ナイキ エア ズーム ペガサス 39」、そして、トレーニングやレースにも最適な「ナイキ エア ズーム ライバル フライ 3」などが展開されます。

アパレルは、ジャケット、Tシャツ、パンツ、ショートパンツなどがランナップ。シューズと同じモチーフとカラーでデザインされているので、トータルコーディネートも可能です。

なお、今回の「駅伝パックコレクション」のクリエイティブには、東洋大学陸上競技部の石田洸介選手、東海大学陸上競技部の石原翔太郎選手、明治大学体育会競走部の小澤大輝選手、名城大学女子駅伝部の小林成美選手と、駒澤大学陸上競技部の山野力選手、中央大学陸上競技部の吉居大和選手(※五十音順)が参加。

石田選手は今回のコレクションについて「練習によってシューズを履き分けて使っていますが、ジョグにはペガサス、距離走にはペガサスターボ、ポイント練習やハードな練習の際はヴェイパーフライやアルアフライを使用しています。駅伝パックで東洋の1秒を削る走りを見せたいです」とコメント。

小澤選手は「普段履いているシューズは、足の負担を考えてインヴィンシブルを愛用しています。足に優しいので長い距離に耐えられるような足作りができました」とし、「明治のユニフォームを着て走るのが最後のシーズンなので、後悔がないように1秒1秒削りながら全力で走りたいです」と意気込んでいます。

「EKIDEN PACK」コレクションは、2022年12月1日(木)よりナイキのメンバー限定で先行発売します。NIKEアプリ、NIKE.COM、NIKE直営店で発売し、その後12月8日(木)からその他の販売店などで順次発売予定です。

<Text:辻村>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -