• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

短期間でダイエット効果アップ。「HIIT(ヒット)トレーニング」で体脂肪をぐんぐん燃やす方法 (2/3)

具体的なHIITメニュー

 それでは、具体的にHIITはどのように行えばよいのか。基本的には、時間を決めて「無酸素運動(全力)→有酸素運動(次の無酸素運動に向けてのインターバル、もしくは完全休息)→再び全力で無酸素運動……」という流れになります。

 無酸素運動はさまざまなバリエーションで行って構いません。例えば最初は100mダッシュ、次は縄跳び60秒、次はバーピー20回というように、運動を変えても大丈夫です。全力で自分を追い込めるものであれば、オリジナルの運動を考えてみても良いでしょう。

 以下に、具体的なHIITの組み合わせをご紹介します。

例1)ダッシュ30秒→ジョグ60秒 ×10セット=15分
例2)エアロバイク全力45秒→45秒流し ×10セット=15分
例3)腕立て伏せ30秒→休憩30秒 ×15セット=15分

 前後のウォーミングアップ、クールダウンを含めても60分程度で終わるはず。そのため、短時間で効果的なトレーニングを行うことが可能になります。

 注意点としては、全力で行うがゆえに、身体に大きな負荷がかかることが挙げられます。体調に不安がある場合。あるいは痛めている箇所があるならば、避けた方がよいでしょう。ベストコンディションで行う際も、ケガを防ぐために事前のウォーミングアップは必須です。

 ウォーキングやジョギングといった低負荷運動(有酸素運動)とは真逆に位置するHIITトレーニング。興味のある方は、正しい知識と最低限の体力を備えてから行うようにしましょう。

【プロテイン情報】筋トレ初心者にもオススメ。味にも定評あり&50種以上をラインナップする「Myprotein」についてはこちら

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード