筋肉が「1番つきやすい場所」はどこ?
フィットネス
ライフスタイル
2023年12月27日

筋肉が「1番つきやすい場所」はどこ?【トレーナー回答】 (1/2)

筋トレをする中で気になったことがあります。「筋肉がつきやすい部位ってどこなんだろう?」と。そこで、オリンピック出場選手のトレーナーも務めた経験がある柴田先生に疑問をぶつけてみました。反対に、筋肉がつきにくい部位も教えてもらいました。

体の中で「筋肉が1番つきやすい場所」はどこ?

行っているトレーニングやスポーツ、体質によって個人差が大きいですが、一般的に筋肉のつきやすい場所としてよく挙がるのは以下5つの筋肉です。

  • 大胸筋(胸の筋肉)
  • 大腿四頭筋(もも全面の筋肉)
  • 大臀筋(おしりの筋肉)
  • 上腕三頭筋(腕の裏の筋肉で、力こぶの反対側)
  • 三角筋(肩の筋肉)

筋肉がつきやすい場所

これらの筋肉は、体の中でも比較的大きい筋肉です。大きな筋肉は、成長ホルモンの分泌が多いと言われています。

成長ホルモンの作用はいくつかありますが、作用の1つに「筋肉や骨の成長を促進・修復する」というものがあります。そのため、大きな筋肉は筋肉がつきやすいということに繋がります。

各部位の代表的なトレーニング例

大胸筋のトレーニング「ノーマルプッシュアップ」

大腿四頭筋のトレーニング「スクワット」

大臀筋のトレーニング「ヒップリフト」

上腕三頭筋のトレーニング「リバースプッシュアップ」

三角筋のトレーニング「サイドレイズ」

▼ この記事も読まれています

筋肉がつかない人の「3つの共通点」とは?トレーナーが回答

反対に「筋肉がつきにくい部位」はどこ?

1 2