• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

その効果、平地の4倍!都心にいながら、“高地トレーニング”ができる「ハイアルチ代々木上原スタジオ」とは?

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 例えば、アスリートがより効率よく高いパフォーマンスを手に入れたい時や、ビジネスマンやOLが手軽に健康を維持し、アンチエイジングを行いたい場合。その有効な手段として注目したいのが、酸素の薄い場所で行う“高地トレーニング”です。

 とはいえ、わざわざ標高の高い場所に行くのはちょっと……とお思いかもしれませんが、その必要はありません。代々木上原駅徒歩1分の場所にある「ハイアルチ代々木上原スタジオ」なら、都心にいながら高地トレーニングを日常的に行うことができるんです。

▲ハイアルチ代々木上原スタジオ代表の伊藤ひろみさん

 そこで、実際どんな方がどんなエクササイズを行い、どんな効果が望めるのかを、こちらのスタジオの代表を務める伊藤ひろみさんに伺いました。

時短!30分間のトレーニングで2時間分の効果

▲清潔感のあるスタジオ。実は施設全体にSEVと呼ばれる物質を活性化させる素材を配置。心地よい空間が広がる

「ハイアルチ代々木上原スタジオは、標高2000m以上の高地と同じ状態の空間でさまざまなエクササイズを行える施設となります。一般の方でしたら標高2500m相当、アスリートの方でしたら3000m相当など、酸素濃度は目的や人に合わせて自由に変えることができるんです」

 酸素が薄い分、体には平地のおよそ4倍の負荷がかかるため、たった30分間のトレーニングで、通常の2時間分の効果が得られます。つまり忙しい現代人にとって、時短にもなるのが人気の理由です。

▲スタジオには左右2つの高地空間が用意されている

▲自走式マシンは関節を痛めにくく、無理なく心肺機能を鍛えられる

 低酸素空間でのプログラムが多数用意されているのも魅力のひとつ。自走式のマシンを使って歩行からランニングまでを行うラン&ウォーク、心と体のバランスを整える高地ヨガ、血流促進やアンチエイジングに最適なストレッチダイエット、初心者向けの体幹トレーニング、体幹や全身のおもな筋肉を鍛えられるトランポリンがあり、スタッフと相談しながら、目的に合わせて選べるようになっています。

「アスリートの方でしたら、乳酸の溜まりにくい体になり、心肺機能もあがります。その結果、疲れにくくなり、持久力もアップしますよ。健康やアンチエイジングが目的であれば、肌がキレイになり、体脂肪の数値も低下。スリムな体型に導いてくれます。冷え性の改善にも効果的です」

▲ヨガやトランポリンなど多彩なプログラムで無理なく運動ができる

 このように低酸素状態でのエクササイズがさまざまな効果をもたらす大きな理由が、細胞内小器官であるミトコンドリアの活性化にあります。

「人が動いたり、考えたりする時に必要とするエネルギーをつくっているのがミトコンドリアです。低酸素状態になると、平地では下がりにくい血中酸素濃度が下がるため、生命の危機を感じたミトコンドリアは餌として脂肪分や糖分を食べようとして脂肪燃焼効果が進み、代謝をあげてくれます。これが“ミトコンドリア活性化”です。一度この状態になるとおよそ3日間はそれが続くため、低酸素状態でのエクササイズを定期的に行うと痩せやすい体になるという仕組みですね」

 さらにミトコンドリアが活性化すると細胞の新陳代謝が促進され、その結果、肌ツヤが良くなるなど、アンチエイジング効果も得られるんだそう。

▲フィッティングルームやシャワーももちろん完備

 着替える時間を入れて1回40分。昼休みを利用して訪れる人もいるそうですが、実質2時間分のエクササイズに値するとなれば、それも納得。

▲エクササイズの前に必ず身体の状態をチェック!

 ちなみに「ハイアルチ代々木上原スタジオ」では、エクササイズを始める前に毎回、血中酸素濃度、心拍数、血圧を測定。問診も行っている。さらにはエクササイズ中も同数値を5分ごとに測定し、異常があればすぐに中止させるなど、体調管理には万全の体制で臨んでいるのでご安心を。

 都心で行う高地トレーニング。細胞レベルから身体にもたらす大きな変化をぜひ体感してみてください。

[施設情報]
ハイアルチ代々木上原スタジオ
住所:東京都渋谷区上原1-25-1 J’sビル代々木上原2F
アクセス:千代田線・小田急線代々木上原駅 徒歩1分
営業時間:10:00〜22:00
定休日:日曜(隔週)
公式サイト:https://high-alti-plus.com

<Text & Photo:石川博也>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード