• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

正しく効率的に痩せたい!今すぐ試したくなるダイエット知識8選 (3/3)

ダイエット中におすすめの食材に「フムス」も加えて

 タイガーナッツやスピルリナなどのスーパーフードに、新しく「フムス」も仲間入りしそうな兆しです。フムスとはひよこ豆を使った中東の伝統料理のことで、映画「セックス・アンド・ザ・シティ2」にも登場し、特に美意識の高い女性たちから熱い視線を注がれています。

 低カロリーでありながらタンパク質が豊富なひよこ豆は、ビタミン、カルシウム、鉄分、亜鉛、葉酸、カリウム、食物繊維、不飽和脂肪酸など、体に必要な栄養素がぎゅっと詰まっています。代謝促進や脂肪燃焼、女性ホルモンのバランスを整える効果などが期待できるので、栄養不足になりがちな現代人の食生活に取り入れたい食材の一つです。

記事を読む:あの食材にも合う!スーパーフード「フムス」のレシピ&アレンジを解説

筋肉をつけたいけれど……プロテインは太る?

 筋肉量を増やせば基礎代謝量も上がりやすくなるので、筋トレとたんぱく質食材に励みたい。けれど、プロテインは太るというか、身体が大きくなってしまうイメージがありませんか?

 プロテインにも目的別に種類があり、特にダイエット向きなのが比較的脂肪になりにくい「ソイプロテイン」です。大豆から作られており、身体への吸収がゆっくりなので、寝る前や空腹時に飲むのがおすすめです。

記事を読む:ダイエットにスムージーはもう古い!? #プロテイン女子 のススメ

体重より体脂肪や筋肉量、基礎代謝量がカギ

 クロスフィットトレーナーのAYAさんも言っていたように、体重計の数字を気にするより、毎日鏡を見て体型の崩れをチェックしましょう。筋肉量が増えると体重も重くなりますので、体重計の数字だけ見て一喜一憂するのは精神衛生上よろしくありません。

 しかし、本当に太ったから体重が増えたというパターンもあります。体重が増えたのは太ったからなのか、それとも筋肉がついたからなのか……見極めるためには「体組成計」が手っ取り早いでしょう。体脂肪率のほかに筋肉量や内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢、推定骨量なども測れるので、自分がいま痩せやすい身体なのかそうでないのか把握することもできます。

記事を読む:上手な体組成計の使い方を知ろう【タニタに訊く!体重計をダイエットの味方にする方法(前編)】

一生続けてもつらくないダイエット方法を

 一時期だけ我慢をして痩せるダイエットは、やはりリバウンドしやすいもの。ダイエットは継続が大切ですから、ずっと続けてもつらくない、自分に合ったやり方を見つけていきましょう。

<Text:編集部/Photo:Getty Images>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード