• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

そろばん、テコンドー、習字。毎日いやいや習い事、サッカーだけ楽しく通っていました。元プロ野球選手・森本稀哲(前編)│子どもの頃こんな習い事してました #25 (3/3)

中学のときに「野球で高校に行く」と決めていた

――中学校での部活動は?

中学ではサッカー部に入りました。野球中心だったので基本的には部活は出られないんですけど、出られるときは楽しくやっていました。

――サッカーの練習は野球にも役立ちましたか。

いえ、トレーニングとしてやってた感覚はまったくなく、単に楽しいからやってたんです。

――サッカー部から「こちらに集中してほしい」と言われたことは?

それはありませんでした。野球を中心にやっていくことは伝えたうえで入部したので。サッカーの試合には1試合だけ出たんですが、その日は野球の試合に出て、その後、サッカーの試合という競技の違うダブルヘッダーでした。さすがにバテましたね。

――野球もサッカーもどちらも楽しんでいた?

楽しかったですね。特に野球は試合が楽しい。練習はあまり好きではありませんでした。プロに入ると試合のために何をしなければいけないか、練習の重要性がよくわかるけれど、中学、高校のときは練習の目的がよくわからなくてつまらなかった。

水・土・日の練習のうち、水・土は放課後に行ける人だけ出ればよかったので、中学3年になってからは、水曜日は「練習に行ってきます」と家を出てそのまま友だちの家に行ってゲームやって夜帰って……ということもありました。友だちの家の前に自転車を置いて遊んでいて、たまにうちのおかんがそこを通るんですよ。それでサボっていたことがバレて怒られた。まあ、ユニフォームも真っ白ですからその前からバレていたかもしれない。

――勉強面はどうでしたか。

中学1年のときに塾に行かされて、いい点数は取っていました。同級生からも「すげえな、運動も勉強もできて」という感じで見られていました。でも塾に通うのがしんどくてどうにか辞めたくて、2年生のときに親に「塾を辞めたい。その代わり、学校の授業をしっかり聞き逃さないように集中する」と言って辞めたんです。

そのころにはもう野球で高校に行こうと思っていたので、まったく勉強しなくなって成績が一気に落ちました。「授業をしっかり聞く」というのは、単に塾を辞めるための言い訳です。辞めてしまえばこっちのもの(笑)。母は「騙された」と言っていましたけど、高校でも野球を続けるという決意は固かったのであきらめたようです。

後編:走り幅跳びで東京都大会に。でも夢はずっとサッカーか野球の選手でした。元プロ野球選手・森本稀哲(後編)

[プロフィール]
森本稀哲(もりもと・ひちょり)
1981年生まれ、東京都出身。帝京高校在学中、第80回全国高校野球選手権大会に出場。1999年ドラフト4位で日本ハムファイターズに入団。2011年横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ移籍。2014年埼玉西武ライオンズにテスト入団。ベストナイン1回(2007年)、ゴールデングラブ賞3回(2006・2007・2008年)、日本シリーズ優秀選手賞1回(2006年)受賞。2015年に引退。現在は野球解説者として活動している。

<Text:安楽由紀子/Edit:丸山美紀(アート・サプライ)/Photo:森カズシゲ>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series