• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

NGT48・長谷川玲奈「今でも『練習で泣いて、試合で笑おう』という言葉が胸に刻まれています」(後編)│アイドルと、スポーツと、青春と。#15 (1/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 スポーツにガチで打ち込んだ経験を持つアイドルに、その思い出や競技の魅力について語ってもらうインタビュー連載「アイドルと、スポーツと、青春と。」。

 今回登場するのは、新潟県を拠点に活動するNGT48の長谷川玲奈さん。ステージでキレのあるパフォーマンスを披露するなど、運動神経の良さを活かして活躍する彼女。過去には、プロ野球の始球式で、あの大谷翔平選手から“ノーバン”投球でど真ん中ストライクを奪ったことも! それもそのはず、彼女は小学校4年生から中学3年生まで毎日、男子に混ざって野球を続けてきた“野球少女”なのです。

 後編では、中学3年生でレギュラーになった時期や、始球式など野球経験を活かした仕事、今後やってみたいことについて聞きました。

前編:NGT48・長谷川玲奈「私と友だちがきっかけで、地元の野球少女が増えたんです」(前編)

チームで猛練習し、“弱小”から“強豪”へ

——中学の新人戦で悔しい思いをした後は、やはり練習をたくさんしたのでしょうか?

そうですね。でも、悔しい思いをしていたのは、私だけじゃなくて。チーム自体が県内でも“弱小”と言われていたので、みんなでもっと強くなろうと決めて、その年の冬からみんなで猛練習することにしたんです。

——どんな練習内容だったんですか?

私が通っていた学校は在校生の数が少なかったので、廊下が使い放題だったんですね。だからノック練習とかをする前に、校舎の1階から3階までの廊下を1周して、それから腹筋を30回。もう1周したら背筋を30回。また1周したら空気椅子を30秒ってどんどん種類を変えながら50周するトレーニングを2セットやってました。

——1日で100周! すごいですね。

こんなに足が震えるのかってくらい筋肉がピクピク動いて驚きましたね(笑)。

——その猛練習の成果は出たんですか?

まずメンタル面が変わりましたね。ボールが来るのも怖くなくなりましたし、レギュラーの先輩が怪我をしたり調子が悪くなったら「いつでも変われるぞ!」って思うようになりました。

——技術的な面はいかがでしたか?

今まで取れなかった球に追いつけるようになったり、ティーバッティングで良い当たりが増えたり、上達していくのが自分でもわかりましたね。あと、練習中にチームメイト同士でバッティングの動画を撮影して意見を出したりもして。そういうコミュニケーションも楽しかったです。

——チームも強くなっていったのでしょうか?

はい。それまで“弱小”と言われてたのに、県で4位になったんです。それで“強豪”と言われるようになったので、その評判に恥じないように、みんなで厳しい練習を続けました。

次ページ:中学3年生で勝ち取ったレギュラーの座

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード