• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

炭酸水を自宅で作るマシン「ソーダストリーム」試してみた。使い方や味をレビュー|編集部のヘルシー食レポ (1/2)

 健康志向が高まるなか、コンビニでもカロリーゼロの無糖炭酸水が多種多様に置かれています。コーラなどと比べてスッキリとした味で、余分な砂糖や人工甘味料も含まれていないということから、愛飲している人も少なくないでしょう。

 しかし1本100円程度といえど、毎日買うにはコスパも気になるし、ペットボトルを捨てる手間も面倒くさい。そんな人には、ボタンひとつで普通の水を炭酸水に変えられて、自宅やオフィスでも使える炭酸水マシンが便利かもしれません。今回はアメリカペプシコ傘下の炭酸水ブランド「ソーダストリーム スピリット ワンタッチ」をレビュー。作った炭酸水も実際に飲んでみました。

ソーダストリームの使い方は?

 一般的なコーヒーマシン程度の高さですが、幅はその半分ほど。細長いです。コンセントを使うタイプです。

◆まずはガスシリンダーをセット

 ガスシリンダーをセットすれば、ワンタッチボタンで炭酸水を作ることができます。ガスシリンダーはきつく締めすぎてもゆるくてもNG。1度ぎゅっと締めてから、少し緩めるとちょうどいいのかなと感じました。

◆水を入れたボトルをセット

 下から差し込むようにボトルをセット。カチッと音が鳴り、下部に隙間が空いていればOKです。無理に差し込んでもはまりはしますが、下部に隙間ができず、ボタンを押しても稼働しません。

◆ボタンを押す

 本体上部には炭酸水の強さを表す3つのボタンがあるので、強・中・弱から一つ選んで押しましょう。10秒ほど炭酸が注入され、完成です。音はコーヒーマシンの稼働音と同じくらいなので、よほど静かな環境でなければ、マンションや職場でも問題なく使用できそう。

 できあがりです。グラスに注いでいただきましょう。

味は?

 1番弱い炭酸で作りましたが、ほどよいシュワシュワ感で飲みやすいです。当然ですが無味無臭です。専用の「ウォータードロップ」でオレンジやレモンなどのフレーバーをつけることもできます。市販のレモン果汁やフルーツビネガーなどを入れてもおいしくいただけました。ちなみに炭酸を注入できる対象は“水”のみです。ジュースやお酒に炭酸を後入れすることはできないので、購入時は注意しましょう。

関連記事:炭酸水や牛乳とも好相性。手づくりお酢ドリンク「酢ロップ」

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード