• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 趣味
  • 26時のマスカレイド吉井美優「愉快な仲間のおかげで嫌なことも楽しめた」(後編)│アイドルと、スポーツと、青春と。#30

26時のマスカレイド吉井美優「愉快な仲間のおかげで嫌なことも楽しめた」(後編)│アイドルと、スポーツと、青春と。#30 (1/2)

 スポーツにガチで打ち込んだ経験を持つアイドルに、その思い出や競技の魅力について語ってもらうインタビュー連載「アイドルと、スポーツと、青春と。」。

 今回登場するのは、アイドルグループ・26時のマスカレイドの吉井美優さん。小学生のときに硬式テニスを2年間経験し、中学生になってからは軟式テニス部に所属して3年時には部長を務めました。そのときの経験があるせいか、特に体力づくりをしなくても、ライブで疲れを感じたことがないそうです。

 後編では、中学の軟式テニス部時代の思い出や、テニスを通じて出会った友人たちとの絆について語ってもらいます。

前編:26時のマスカレイド吉井美優「テニスはサーブがしっかり打てたときが気持ちいい」(前編)│アイドルと、スポーツと、青春と。#30

球拾いの雑用も楽しくできるように工夫していた

――中学生になってからは軟式テニス部に入部したそうですね。練習の頻度はどれくらいだったのでしょうか?

毎日でした。朝練もあって、何時集合だったかな? 確か6時半に集合して、1時間半くらい練習して、学校に行っていたと思います。

――朝早くても遅刻することはありませんでしたか?

昔から早起きは得意なんです。学校や練習を休んだこともないし、早退したこともなくて。

――それはすごいですね! 

たまに体調が最悪でつらいこともあるんですけど、死ぬ気で行くんです。これはもう意地というか。自分でつくったルールを破ってしまうのが嫌いで。

――では、ルールを破る人に対しては思うところがありますか?

学校の朝礼で遅刻して、途中から登場するのがカッコいいと思ってるタイプの人には、それはちょっと違うなーって感じで見てました(笑)。

――小学校のクラブでは体力的につらい練習はなかったとのことですが、中学ではどうでしたか?

走るメニューや筋トレなどがけっこうありましたね。みんなで輪になって、声を出しながら腹筋をした記憶があります。

――日々の練習はどんな感じでしたか?

学校の周りを2周走ってからネットを張るんですけど、コートが全部で4面しかないから、2面は男子、もう2面が女子という感じで使っていました。1年生のうちは球拾いばかりなんですけど、けっこう楽しくやってましたね。

――球拾いだけなのに楽しいんですか?

球拾いとかつまらないことでも、おもしろくするんですよ!

――どうやるんですか?

ただボールを拾うだけだと、ああ、嫌だな……ってなるじゃないですか。だから、一緒にいるメンバー同士で企画っぽさを足していくんです。例えば、いちばんボールを拾えなかった人が変な歌を即興でつくって歌いながらボール拾いをするとか。常にそういうことをやってたので、笑いが絶えなかったです。

――罰ゲームにしてエンタメ性を持たせていたわけですね。

もちろんそれだけじゃないですよ。先輩が帰るのを見計らってコートを使って練習したり、家に帰ってからも庭でお父さんとテニスをしたりもしてたし、けっこう毎日楽しく過ごしてた気がしますね。

――ただふざけるだけじゃなく、つまらないことをおもしろくする姿勢が重要ということでしょうか。

そうですね。別にふざけたいだけならテニス部じゃなくてもいいじゃないですか。みんなテニスが楽しくてやってるので。同期のメンバーたちとは部活以外でもずっと一緒にいる間柄でした。だから、学校も部活もずっと楽しかった。その子たちと一緒だったから楽しいっていう部分もあったので、環境にとても恵まれていたと思います。

――それだけ仲良しメンバーが多いと、部活の帰り道も楽しそうです。

家が近い子も多かったので、毎日ふざけながら帰ってましたね。休みの日も一緒にいましたし。やるときはちゃんとやる、ふざけるときはめっちゃふざける。そのバランスもよかったと思います。とにかく団結力がスゴかった。

試合では先輩より結果を出すために燃えていた

――レギュラーに選ばれることはあったんですか?

ダブルスで2チーム出場できるんですけど、2年生から後衛として試合に出てました。

――そうなると試合に出れない先輩もいるわけですよね。

選ばれなかった先輩から敵視されて、ちょっとした嫌がらせを受けたこともあったんですけど、ああ、そういうタイプね……って思いながら、大会で結果を出そうと思って、心のなかで燃えてました。けっこう負けず嫌いなんで、大会で先輩たちより多く勝ち残ってやろう! って決めて、みんなで燃えてましたね。県大会まで行くことはできなかったんですけど、地区大会ではすごく頑張ってました。

――3年生になってからは部長に就任したそうですね。先生に選ばれたんですか?

そうですね。もともと経験者だったのと、他の子たちはふざけてるのがちょっとバレたりしていて(笑)。私はルールを破るのが嫌いなので、そこも含めて部長に選ばれたんだと思います。ただ、性格的に部長に向いてなくて、意見は全然言えませんでした。

――では、26時のマスカレイドで大事な会議があったとしても、何も言えなかったり?

じつは少し前にミーティングがあったんですけど、ずっと無言でした(笑)。もちろん自分の意見はあるんですけど、他の子が思ってることを聞くと確かにそうだなって思っちゃう。だから、部長のときもぜんぜんまとめられなかったです。

次ページ:中学時代の友だちとは部活時代の悪ノリが続いている感じ

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新