2019年6月26日

[特別インタビュー]陸上再転向から6ヶ月。ママアスリート寺田明日香、いざ日本選手権へ! (2/3)

ママアスリートとして、見ている方々を盛り上げたい

—— トレーニングや練習内容を聞いていると、毎日練習のあとに家のことをするのは本当に大変そうですね……。

はい、疲れるときはもう本当にヘトヘトになります……(笑)。がっつり疲れて帰ったときは、簡単なご飯を作ったら、夫にも娘にも「もう今日のママは閉店、明日香ちゃんって呼ばれないと動かない!」と言っていますね(笑)。

—— 切り替えのキーワードがあるのはいいですね。娘の果緒ちゃんは、今回寺田さんが出場する日本選手権が大きな大会だということは認識していますか?

していないと思います。娘には運動会くらいに思っていてほしくて、わざわざ「ママは日本選手権に行くんだよ」とは伝えていません。見て覚えている分にはかまいませんが、イメージを植え付けたくなくて。日本選手権も「どこか行って走ってくるよ」程度しか言っていないですね。まあ、今回はちょっといいメダルもらえそうだなとは思っているみたいですけど。「金メダルは果緒がもらう!」って。一応プレッシャーはかけてきます(笑)。

—— それはメダルを取らないと、という気持ちが大きくなりますね。大会当日、ご家族としたいことはありますか?

うーん、ハグはするかなあ。でも、普段通りがいいです。試合の前日・当日はどうしてもピリピリしてしまうので、少し会って「行ってくるね〜」くらいがいいかなと思います。

—— 果緒ちゃんにとっては運動会でも、実際は世界選手権、ひいては東京オリンピックへの出場権がかかった大一番。世界選手権出場には参加標準記録であれば12秒98を、東京オリンピックに出場するには12秒84を上回る必要がありますが、今回の日本選手権、寺田さんの中で明確な目標タイムはありますか。

まずは、12秒98を切って優勝することが目標です。参加標準記録を切って1位になれば世界選手権は即内定ですので、オリンピックへの王手をかけるためにも頑張りたいですね。

—— 12秒84を切れば世界陸上だけでなくオリンピックも?

世界ランキングなどもあるので決定ではありませんが、ぐっと近くなります。

—— 現在の日本記録が13秒00なので、世界陸上への切符は日本記録を破ると同時にってことになりますね。

そうですね。でも、気持ち的には12秒84を切りたい……! 結果次第にはなりますが、狙っていくことは大事だと思っています。

—— ありがとうございました。最後に、読者の方に日本陸上選手権に向けての意気込みをお願いします!

陸上選手に復帰してから、まだ半年。陸上、ラグビー、そしてまた陸上というおもしろいキャリアを積んだ選手がどんな走りをするのか、楽しんでいただければうれしいです。見ている方々が盛り上がれるパフォーマンスができるよう頑張ります!

そして、全国のママさんたち。「選手」は特別視されがちですが、たまたま私の職業がスポーツ選手だっただけで、働くママというカテゴリではみなさんと同じです。ママアスリートとして、こういう働き方をしているママ友がいるんだな、私も頑張ろう、と元気になってもらえたらいいなと思います。どうぞよろしくお願いします!

みなさんから応援メッセージをもらいました!

 日本陸上選手権の開幕まで、あと1日。約半年間一緒に練習をしてきた「チームあすか」のみなさんやアスリート仲間のみなさん、そして家族から、寺田さんへの応援コメントをいただきました! 

1 2 3