2023年9月26日

【腹筋ローラー】スポーツ歴、運動習慣0の人がコツを聞いただけでできるようになった (2/2)

腹筋ローラー中、呼吸はどうすればいい?

トレーニング中も、呼吸は止めないようにしましょう。力を入れるときに息を吐くのが効果的です。

息を吐きながらローラーを前に転がし、限界のところまで来たら少し息を吸ってください。そのあと、また息を吐きながらローラーを引き寄せていきましょう。

翌日、こんな変化を感じました!

出演した編集部員に、今回の感想を聞いてみました。

「たった3回、正しいやり方で膝コロ(引き戻すところまで)を行っただけで、なんとその日の夜、お腹まわりが筋肉痛に! どれだけサボってたんだ、私の腹筋」(編集部員O)

たった数回でも筋肉痛になるなら、やりがいを感じると感動した様子でした。

オススメのトレーニンググッズ

もっと負荷を上げたい人はこちら

複数のメニューを組み合わせることで負荷を高めることができます。1分、2分、8分と用意したので、自分に合った負荷を選んで挑戦してみましょう。

腹筋ローラー1分メニュー

腹筋ローラー2分メニュー

腹筋ローラー8分メニュー

\もう一度動画でおさらい/

[監修・出演]
富田巧哉(とみた・たくや)
MELOS公認トレーナー。東京都足立区出身、1995年9月2日生。東京学芸大学中等教育教員養成課程保健体育学科卒。現在は、EPARKスポーツ認定トレーナー・MELOS公認トレーナー・イベントプランナーとして活躍中。

<Text:MELOS編集部>

1 2