• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

スクワットの効果が出ない“NG”なやり方【筋トレ初心者あるある】 (2/6)

スクワットを行うときのチェックポイント

伸ばすべき筋肉をしっかり伸ばす

ハムストリングスや大殿筋・腓腹筋など、伸ばすべき筋肉がしっかり伸びているか意識しましょう。

腕は前に伸ばすか、胸の前でクロス、または頭の後ろへ

腕は前にまっすぐ伸ばすか、胸の前でクロス、または頭の後ろに手を添えます。猫背になりやすい人は、頭の後ろに手を添える姿勢がおすすめです。

背中はまっすぐ、肩甲骨を寄せて行う

背中は丸めず、まっすぐ伸ばし、肩甲骨を寄せて下げます。猫背になりやすい人は、背筋をまっすぐ伸ばすのも一苦労でしょう。

肩甲骨を寄せて引き下げてピーンと張った上体を作るためには、丸まった肩甲骨まわりをほぐしておくとよいでしょう。

股関節→膝関節の順で上体を下げる

股関節→膝関節の順で動き、上体を下げます。上がるときは、逆に膝関節→股関節の順で動きます。動作に関しては、動画でチェックすると分かりやすいでしょう。

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -