• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

お尻と前ももを鍛える自重筋トレ「フロントランジスクワット」のやり方

 フロントランジスクワットは、おもに太ももとお尻、そして下半身の体幹とバランス力を鍛えることができます。足の大きな筋肉を広く使うことができるため、筋肉量を上げて基礎代謝を上げるほか、基礎体力を保つためにも重要なトレーニングです。運動不足の人でも短期間で効率よく身体をつくれる筋トレを、ReebokONEアンバサダーとしても活動するパーソナルトレーナー・鳥光健仁さんにレクチャーしてもらいました。

フロントランジスクワットのやり方

 片足を前に出し、両膝を曲げ、重心を落とす動作です。背筋をまっすぐに保ち、体を落とす際には両足で体重を支えます。

▲片膝を立てる姿勢を交互に繰り返す

フロントランジスクワットの注意点

 上半身が左右にブレやすいので、しっかりと力を入れ、下半身をすばやく動かしましょう。目線は正面に据えて背筋は反りすぎず、猫背にもならないよう、腹筋と背筋を意識します。手はバランスを維持できる好みの場所に添えましょう。

◆トレーニング回数は?

 まずは片方ずつを10回行いましょう。バランスも保てて、筋力もついてきたら、20回30回と増やしていくのがよいでしょう。

[監修者プロフィール]
鳥光健仁(とりみつ・たけのり)
1991年生まれ、千葉県鎌ヶ谷市出身。ランニングトレーナー。パーソナルトレーナー。Run Buddy Make代表を務め、ReebokONE アンバサダーとしても活動。アクティブエイジ・ダイエット指導士、TIESランニングアドバイザーの資格を持ち、トレーニング方法のみならず、サプリメント、食事指導もサポートしている

※本記事はMELOSで公開された記事「自宅でできる!自重トレーニングで基礎体力アップを目指そう<動画あり>【スパルタンレースの楽しみ方 #2】 」を再編集したものです。

<Text & Photo:近藤謙太郎、Edit:編集部>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード