• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

筋トレ時短テクニック:忙しい、時間がないときの効果的な鍛え方 (1/2)

 せっかくスポーツジムに入会しても、なかなか時間が作れなくて通えない。そうした理由から、トレーニングが三日坊主になってしまう人は多いことでしょう。確かに時間がなければ筋トレのモチベーションも上がらず、サボればサボるだけどんどんジムから足が遠のいていきます。

 でも大丈夫! 時間がないときでも、効果的に筋肉を鍛える方法はあります。今回はトレーニングが続かないという忙しい人に向けて、時短テクニックを紹介しましょう。

1.行く前にトレーニング内容を決めておく

ジム前に種目、負荷、順番をチェックするべし

 ジムに到着してから「今日はどのエクササイズをしよう」「どのくらいの負荷でやろうか」などと考えていては、時短できません。ジムに行く前から、どのエクササイズをどの順番で、どのくらいの負荷でとり組むか頭の中に入れておくようにしましょう。時短はトレーニング前から始まっているのです。

2.インターバル(休憩時間)を短くする

セット間の休憩は10~30秒以内

 トレーニング時間の半分以上は「休憩」です。セット間やエクササイズ間のインターバルが長すぎれば、その分だけ全体の時間も伸びてしまいます。

 インターバル中にスマホをいじったり、ジム仲間と長話をしていないでしょうか。そのような行動は一切やめて、トレーニングに集中するのです。インターバルは短くて10秒、長くても30秒以内にとどめ、エクササイズをどんどんこなすようにしてください。

3.分割法を取り入れる

鍛える部位を分けてトレーニングの頻度を小刻みに

 初心者の場合、1回のトレーニングで全身を鍛えるという人も多いでしょう。しかし1度に全身を鍛えるには、時間がかなり必要です。そんなときは、鍛える部位を分割してみてください。

 「胸」「背中」「肩」「下半身」「腕」というように大まかに分けます。あくまでもこれはひとつの例であり、人によっては胸と肩を一緒に行うという人もいるでしょう。あるいは腕を上腕二頭筋と上腕三頭筋に分割して、毎回交互に行う人もいます。

 分割法を取り入れるときに気をつけたいのが、グループ分け。胸と肩は“押す動作”となり、腕の裏側である上腕三頭筋も一緒に使うことが多いでしょう。逆に背中のエクササイズは“引く動作”となり、腕の表側である上腕二頭筋を一緒に使うことが多くなります。そのため、胸と背中をひとまとめにしてしまうと、次の日に肩のトレーニングを行うとき上腕三頭筋が筋肉痛になっている可能性があります。

4.一気に追い込めるトレーニング方法を活用する

“時間より質”のトレーニングを重視

 トレーニングは、やる時間が長ければ効果があるというわけではありません。短時間で一気に筋肉を追い込めるトレーニングテクニックを活用しましょう。

◆コンパウンドセット法

 同じ部位を鍛えるエクササイズを2つ連続で行う方法を「コンパウンドセット法」といいます。たとえば大胸筋を鍛えるならダンベルベンチプレスとダンベルフライ、肩の筋肉ならばダンベルショルダープレスとアップライトロウというような組み合わせです。コンパウンドセット法はエクササイズ間の休憩を入れずに行うので、以下のように2つのエクササイズを連続で行い、それで1セットという形になります。

ダンベルベンチプレス10回×1セット

(休憩を入れずに)ダンベルフライ10回×1セット

インターバル

ダンベルベンチプレス10回×1セット

(休憩を入れずに)ダンベルフライ10回×1セット

 さらにハードに行いたい場合は、同じ部位のエクササイズを3つ連続させるトライセット法、4つのエクササイズを連続させるジャイアントセット法というやり方もあります。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series