• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • トレーニング
  • 【オンラインフィットネス11社を比較してみた】YouTube動画とオンラインレッスン、どっちがいい?安いのはどれ?

【オンラインフィットネス11社を比較してみた】YouTube動画とオンラインレッスン、どっちがいい?安いのはどれ? (1/3)

 コロナ禍で目覚ましく成長を遂げたサービスといえば、「オンラインフィットネス」でしょう。運動不足を解消したい人たち向けに、オンラインでレッスンが受けられるさまざまサービスが登場しています。自宅でレッスンが受けられるという気軽さも相まって、人気を博しています。

 今回は、オンラインフィットネスの種類やメリット・デメリットをご紹介。MELOS編集部がピックアップした11社のサービスを比較します。

目次〜INDEX〜

オンラインフィットネスのメリット

 オンラインフィットネスの良さは、パソコン、スマホ、タブレットがあれば、どこでもレッスンが受けられることです。オンラインフィットネス「torcia(トルチャ)」を展開する業界大手のティップネスに話を聞きました。

「利用者からは、シューズやウエアの持ち運びが不要になって、運動が楽になったという声が聞かれます。またレッスンも途中参加や途中でやめることもできるので、自分の時間に合わせて気軽に参加できる。すっぴんやパジャマのままで受けているなんていう人もいますよ」(ティップネスオンライン事業企画部担当者。以下、ティップネス担当者)

 オンラインフィットネスには、通常のスタジオ型フィットネスと同様のオンタイムでレッスンが開始する『ライブ型』と、録画したレッスンを24時間いつでも配信している『ビデオ型』があります。また、『ライブ型』レッスンには、24時間いつでも受講が可能な見逃し配信も用意されている場合もあります。

 ライブ型はインストラクターやほかの参加者と画面越しやチャットを通じて、コミュニケーションがとれるため、スタジオ型のように和気あいあいとレッスンを受けることができます。

 マンツーマンは画面越しにインストラクターから直接指導を受けるため、デバイスのカメラをオンにして自分の姿を映す必要はありますが、グループレッスンの場合はそもそもカメラを使わない仕様のものや、カメラをオフにして参加する人も多いようです。だから、すっぴんやパジャマ姿でも恥ずかしくなく受けることができるのです。

気軽さゆえのデメリットは

 気軽にレッスンを受けられる分、いつでも受けられるからと、「また、今度でいいか」となってしまい、途中でやめてしまう可能性もあるのがデメリットです。

 途中で挫折しないためにおすすめなのが、ライブ型のレッスン。ティップネス担当者もライブ型は続けやすいと推します。

「やはりチャットを通じて、インストラクターやほかの参加者とコミュニケーションがとれるから、モチベーションが維持しやすいといった声が多いです。ひとつのレッスンを受講したら、そのあとすぐに同じ内容のレッスンを次回予約すれば習慣化しやすく、長続きできているという人もいます。まずは気に入ったクラスを見つけて、毎週受けていただくのがおすすめです」(ティップネス担当者)

無料で見られるYouTubeとの違いは?

 一方、いまはYouTubeなどの動画サイトでトレーニングを無料で見られる時代。オンラインフィットネスとYouTubeとの違いはどこにあるのでしょうか

「弊社をはじめフィットネスジムが配信しているものは、ウォーミングアップからクールダウンまで盛り込んだ本格的なレッスン構成です。また教えるのは店舗での指導実績豊富なプロのインストラクターですので、運動効果がより実感できます。また、普段ならなかなか予約が入れられない人気のインストラクターのレッスンを受けることができるのもオンラインフィットネスの良さです」(ティップネス担当者)

畳一畳分のスペースがあれば、基本的に道具は不要。ただし、床に座って行うレッスンの場合はヨガマットがあると安心です。マンションで下の階への振動が気になる場合もヨガマットがあると軽減されます。

「基本的にパソコン、スマホ、タブレットのいずれかがあればOKですが、レッスンを受けるときにはパソコンで動きを確認しながら、スマホでチャット機能を使ってインストラクターに質問をされる利用者もよくいらっしゃいます。また、仕事の合間や通勤途中にスマホで動きを確認しておき、自宅であらためて受講される方もいます。場所や時間を選ばず、どこでも気軽に受けられるのがオンラインフィットネスの良さですので、ご自分のライフスタイルや環境に合わせて、是非使いこなしていただきたいと思います」(ティップネス担当者)

 数あるオンラインフィットネスの中から自分にあったものをどうやって見つけていいかわからない……。そんな人のために編集部が選んだオンラインフィットネス11社で、レッスン内容や料金、時間などを比較してみました。

オンラインフィットネス比較11社

 数あるオンラインフィットネスの中から自分にあったものをどうやって見つけていいかわからない……。そんな人のために編集部が選んだオンラインフィットネス11社で、レッスン内容や料金、時間などを比較してみました。

※「ライブ」は通常のレッスン同様、オンタイムで受けられるものを差し、「ビデオ」はライブ見逃し配信のアーカイブも含みます。

【1】
980円で24時間レッスン受け放題
「FIT RIKE」

 月980円で動画レッスン、マンツーマンレッスン、グループレッスンが受け放題。レッスンメニューも豊富なので、自分の好みとライフスタイルに合ったレッスンを見つけやすいでしょう。24時間いつでも受講することができ、1日あたりの受講制限もありません。レッスンはzoomを使って行います。

 好きなタイミングで運動をしたい人には「動画レッスン」、運動頻度や食事の相談までしっかり指導してほしい人には「マンツーマンレッスン」、皆で運動を楽しみたい人には「グループレッスン」。目標を達成までのスケジュールやプランを数値で見える化するダイエットシミュレーター機能も活用できます。

《種類》
ライブ型(パーソナル)、ビデオ型に対応

《レッスン本数》
日によって異なる

《料金》
月額980円(入会金なし)

《体験レッスン》
1か月無料トライアルあり

《所要時間》
ライブ:1コマ30分
ビデオ:動画内容によって異なる

《配信時間》
ライブ:レッスン日によって異なる
ビデオ:24時間

▼公式サイト
https://www.fitrike.jp/

【2】
オーダメイドで運動や食生活の相談もできる
「24/7 Online Fitness」

 6万人以上のダイエットを成功させたというパーソナルトレーニングジム大手「24/7ワークアウト(24/7 Workout)」のオンラインフィットネス版。「24/7ワークアウト」はオーダーメイドで個人にあったトレーニングが受けられると評判ですが、オンラインも同様。レッスン後、トレーナーに日ごろの運動や食生活について相談できるので、ダイエットの正しい知識が身に着きます。レッスンは30分程度なので、昼休みの間に受けることも可能。ダイエットを効率よく行いたい人向け。

《種類》
ライブ型(パーソナル)、ビデオ型に対応

《レッスン本数》
ライブ:スターター(週1回)、ベーシック(週2回)、プレミアム(毎日)いずれも動画見放題
ビデオ:25本

《料金》
月額3980円~

《体験レッスン》
なし

《所要時間》
ライブ:30分程度
ビデオ:3分~

《配信時間》
ライブ:レッスンによって異なる
ビデオ:24時間

▼公式サイト
https://www.247-onlinefitness.jp/

【3】
月6000本以上!充実&圧倒のレッスン数
「SOELU(ソエル)」

 月6000本以上とレッスンのコンテンツ数が圧倒的に多く、なかでもヨガが充実。ヨガ未経験者から上級者までありとあらゆる人向けのレッスンがあり、どれをとっても満足できます。インストラクターの数も300名以上で、テレビや雑誌などで活躍する人気の人も。これを機にヨガを始めたい、他のオンラインフィットネスでのヨガでは満足できないという人向け。ヨガ以外にもストレッチや筋トレ、HIIT、サーキットトレーニング、ピラティス、筋膜リリースなどのレッスンも豊富にあるので、とにかく飽きがこない。

《種類》
ライブ型(グループレッスン)、ビデオ型に対応

《レッスン本数》
ライブ:200本以上/日
ビデオ:100本以上

《料金》
月額980円(税込1,078円)〜

《体験レッスン》
100円で30日間受け放題

《所要時間》
ライブ:15分~60分
ビデオ:4分~30分前後

《配信時間》
ライブ:5時台〜25時台※指導あり
ビデオ:24時間

▼公式サイト
https://www.soelu.com/

【4】
令和版ビリーズブートキャンプが受けられるのはここだけ
「LEAN BODY(リーンボディ)」

 「美コアトレーニングメゾット」の考案者・山口絵里加さん、来場者2000人を超える大型フィットネスイベントにも多数出演するRisaさんなどカリスマトレーナーのレッスンを取り揃えています。目玉はなんといっても「令和版ビリーズブートキャンプ」があること。ビリー隊長の掛け声は健在で、「きつい」と感じつつも、やっぱり一緒にやると楽しい。また質問で体のどこに悩みがあるのかを答えるだけで、自分にあったレッスンが選ばれるのも便利です。オンラインフィットネスをこれから始めたいという人には向いているのではないでしょうか。

《種類》
ライブ型(グループレッスン)、ビデオ型に対応

《レッスン本数》
ライブ:毎週水曜日に1回
ビデオ:400本以上

《料金》
月額980円~

《体験レッスン》
2週間の無料体験レッスンあり

《所要時間》
ライブ:レッスンによって異なる
ビデオ:5分~40分

《配信時間》
24時間(ライブは配信によって異なる)

▼公式サイト
https://lp.lean-body.jp/

【5】
8人一つのチームで成功させる!16週間集中ダイエット
「BeTEAM(ビーチーム)」

BeTEAM(ビーチーム)

 女性だけで構成された8人一つのチームに、ダイエットのプロの専属コーチがついた16週間集中ダイエットを行います。

 専用アプリを使って、食事記録、トレーニングをチームメイトと一緒に行うオンラインダイエット。毎日の食事内容をチームメイトとのチャットに投稿したり、ダイエットの悩みなどを話してモチベーションを高め合うこともできます。

《種類》
ライブ型、ビデオ型

《レッスン本数》
チームミーティング(週1×4回)

《料金》
入会金11000円、16週間プログラム160600円(月7600円から分割支払い可)

《体験レッスン》
無料カウンセリングあり

《所要時間》
週1回80分~180分(トレーニング時間50分、チームメイトとのコミュニケーション時間30分)

《配信時間》
週1回チームで集まり、ダイエット目標に向けて取り組む(曜日・時間は固定)

▼公式サイト
BeTEAM(ビーチーム)

【6】
LINE通話でマンツーマントレーニングが受けられる
「30.f(サーティフィット)」

 マンツーマンの個人指導が良いという人は30.f(サーティフィット)でしょう。なんといってもLINE通話でトレーニングが受けられる手軽さ。それなのに、指導はかなり本格的です。グループレッスンだと、「今のフォームは正しいのだろうか」と不安になりますが、個別指導なら、トレーナーが細かく指示をしてくれるので、間違ったやり方をしなくてすみます。ほかのビデオ通話アプリが使い慣れない、パソコンを持ってない人でもLINEならなじみがあります。スマホひとつで確実に体を絞りたい人には最適でしょう。

《種類》
ライブ型(グループレッスン、パーソナルレッスン)

《レッスン本数》
月2回~

《料金》
入会金5000円、BEGINNER月額4800円、BASIC月額8000円ほか

《体験レッスン》
LINEで登録すると30分間無料体験が受けられる

《所要時間》
30分

《配信時間》
平日7時~22時、休日7時~19時

▼公式サイト
https://30-f.tokyo/

【7】パーソナルヨガがオンラインで受講できる
「YOGATIVE(ヨガティブ)」

 スマホやPCなどを使い、自宅で講師と一対一でつながり「ヨガのパーソナルレッスン」を行う、日本初のオンラインパーソナルヨガ特化型専門サービスです。目的やレベルに合ったオーダメイドレッスンを作成してくれるほか、疑問点があればすぐにインストラクターに質問もできます。グループレッスンだとついていけない、質問しづらいといった悩みを持つ人にもおすすめです。

《種類》
ライブ型(パーソナルレッスン)

《レッスン本数》
月会員(1回:45分のパーソナルレッスン)
ライトコース:月2回、レギュラーコース:月4回、アドバンスコース:月8回

《料金》
入会金無料、ライトコース:月2回(1か月6,800円~)、レギュラーコース:月4回(1か月12,800円~)、アドバンスコース:月8回(1か月21,800円~)、インストラクター指名料は別途600円/回

《無料体験》
初回50分体験レッスンが無料

《所要時間》
1回45分のパーソナルレッスン(カウンセリング5分+ヨガレッスン&フィードバック35分+今後の案内と質疑応答10分)

《配信時間》
6時〜23時

▼公式サイト
https://online-yoga.jp/

次ページ:ティップネスが運営、タレントや日テレアナウンサーも登場「torcia(トルチャ)」

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -