• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • トレーニング
  • 腰痛予防や腹筋強化にオススメの自宅筋トレ。ペットボトル胸回しトレーニング

腰痛予防や腹筋強化にオススメの自宅筋トレ。ペットボトル胸回しトレーニング (2/2)

注意点&コツ

・横向きに寝た状態でペットボトルを持った際は、腰をそらないように気を付けましょう。
・ペットボトルを動かしている時は呼吸を止めずに、ゆっくりと持ち上げましょう。
・ペットボトルを持っている手を意識せず、胸を回す意識を持って腰回りやお腹周りの筋肉にじんわり効いていることを感じましょう。
・毎日行う必要はなく、2~3日に一度行うだけでも効果的です。

鍛えられる場所・筋肉

・腰回りの筋肉(脊柱起立筋群)
・お腹周りの筋肉(腹横筋、腹斜筋)など

実施回数

・ペットボトルの重さもよりますが、20回~25回を1セットから2セット、半身の向きを変えながら大きく動かすことがベストです。
・2セット行う時には、1セット終了後の休憩は、息を整える程度で短めにしましょう。

[プロフィール]
内田英利(うちだ・ひでとし)
1971年生まれ。茨城県出身。日本大学卒業後、立命館大学に進学。立命館大学在学中に運動生理学などを学び、その後、米国の栄養学修士課程を経る。現在は、女性や高齢者向けの生活習慣病予防プログラムの開発、フィットネストレーナーの育成、生涯フィットネスに関する講演や運動指導などを行う。日本成人病予防協会認定講師。全米エクササイズ&スポーツトレーナーズ協会(NESTA)認定講師、アメリカン・ホリスティック・カレッジ・オブ・ニュートリション (AHCN)栄養学修士、健康管理士一般指導員、健康運動指導士、京都造形芸術大学非常勤講師。大相撲の元貴乃花親方との共同開発プログラム「シコアサイズ」を販売。株式会社フィットネス・ゼロ代表取締役。シェアスタジオ「コア・フォレスト」、フィットネス・ゼロ公式オンラインレッスン運営責任者。フルマラソン歴20年。ベストタイムは2時間45分01秒。
・公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCSiDGVJiPu6ztLtDCsG-RdQ

<Text & Photo:内田英利>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新