• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 「長距離ランナーは楽天的で立ち直りも早い」傾向、心理学調査で明らかに

「長距離ランナーは楽天的で立ち直りも早い」傾向、心理学調査で明らかに (1/2)

 長距離ランナーは、真面目で精神的な忍耐力があるように思われがちです。毎日走っていると言うと、「意志が強いのですね」とか「辛抱強いのですね」と感心されることもよくあるでしょう。そんな長距離ランナーの意外な側面が、2020年3月に発表された学術論文(※)で明らかになりました。

 ウルトラランナーと一般人を心理学的アプローチで比較すると、ウルトラランナーの方がはるかに楽天的な性格で、しかも精神的な立ち直りが早い傾向があるということです。

 ウルトラランナーとは、フルマラソン(42.195キロ)以上の超長距離レースを走る人たちのこと。1日に、あるいは数日間に渡って、50キロや100キロなど尋常ではない距離を走り続けます。そのためには頑丈な肉体が備わっているのはもちろんのこと、心理学的にも特徴的なメンタルがあるのではないか? この研究は、そんな疑問に答えようとしたものです。

研究方法

 オーストラリアにあるモナシュ大学の研究者たちは、20人のウルトラランナーと20人の非ランナーを被験者として集めました。年齢は18歳から70歳までの男女です。

 それぞれのグループから年齢と性別によって被験者をマッチングし、155項目にもわたる感情や日常態度について質問・回答を比較しました。たとえば「私は変化に対応できる」という質問について、「そう思う」「まったくそう思わない」など、1~25までの数値で回答するという内容です。

 さらに感情をいかにコントロールしているかを調べるため、36の自然なイメージ(椅子やソファなど)と36のネガティブなイメージ(出血シーンなど)を見せます。そのときの心拍数や皮膚反応などの身体的変化が観察されました。

研究の結果が興味深い

 回復力に関する質問において、ウルトラランナーたちは非ランナーたちと比べて顕著に高い回答を示し、ネガティブな感情に対してはポジティブな考えで修正する傾向があることも分かりました。

 また、ネガティブなイメージを見せられたときの生体反応(心拍数や皮膚反応)の変化について、ウルトラランナーの方が非ランナーと比べて明確に少ない振れ幅に収まっていました。

 一方、ウルトラランナーが非ランナーより明らかに低かった項目は、集団への帰属意識でした。くわしく見ていきましょう。

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -